現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > パワーユニット別走行距離でホンダがフェラーリに次ぐ2位。「十分な周回数を走れたことは大きな収穫」/第1回F1テスト

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

パワーユニット別走行距離でホンダがフェラーリに次ぐ2位。「十分な周回数を走れたことは大きな収穫」/第1回F1テスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年第1回F1テストの4日間で走行した距離をパワーユニット(PU/エンジン)別に見ると、フェラーリが最多であり、ホンダが2番手だった。

 スペイン・バルセロナで、2月18日から21日にテスト1が開催され、ドライコンディションのもとで各チームがニューマシンを走らせた。

    ポテンシャルを秘めたレッドブル・ホンダの新車RB15。王座奪還を期すフェラーリも好発進【第1回F1テスト分析】

 どのチームも、テストで最も重要なのはできるだけ多くの走行距離を稼ぎ、データを収集することであると述べている。チーム別ではメルセデスが最多(610周)、2位フェラーリ(598周)、3位アルファロメオ・フェラーリ(507周)、4位トロロッソ・ホンダ(482周)、5位レッドブル・ホンダ(475周)、6位マクラーレン・ルノー(445周)、7位ルノー(433周)、8位ハース・フェラーリ(384周)、9位レーシング・ポイント・メルセデス(248周)、10位ウイリアムズ・メルセデス(88周)だった。

 これをパワーユニット別に集計すると、フェラーリが3チーム(フェラーリ、アルファロメオ、ハース)合計で最多1489周を走行。2位にはレッドブルとトロロッソの2チームで957周を走りこんだホンダが続いた。メルセデスはレーシング・ポイント、ウイリアムズの距離が伸びずに946周で3位に。ルノーはワークスチームとマクラーレンの合計で878周だった。

 ホンダは4日間のテスト終了後、パワーユニットに大きなトラブルはなく、2チームで4454.835kmを走りこむことができたとして、「十分な距離を走行し、予定していたプログラムを順調に消化することができたことは大きな収穫になった」と述べている。

 テスト2は2月26日から3月1日に行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bon*****|2019/02/25 10:49

    違反報告

    今年のトロのスピード見てると去年ガズリーが速かったんじゃなくてハートレーが遅すぎた?
    ハートレー好きだったんだけどやっぱり仕方無かったのかな・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します