現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガルパンやエヴァもCBR250RRと親和性アリ!? カスタム車も満載のCBR250RR イベントレポート

ここから本文です
スポーツ 2019.2.24

ガルパンやエヴァもCBR250RRと親和性アリ!? カスタム車も満載のCBR250RR イベントレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2015でコンセプトモデルがお披露目されてからはや3年。発売されるやいなや大人気となったCBR250RRを愛するユーザーが浜名湖の渚園に大集合! 先代MC22も合わせてのニダボ談義に花が咲くオーナーたちをパシャりスナップしてきたぞ!■EVENT INFO■開催日:2018年9月9日(日)■会場:渚園 静岡県浜松市西区舞阪町弁天島5005-1※本記事は『モトチャンプ』2018年12月号の記事を再編集・再構成したものです。

関東関西合同MTが開催 全国から70台以上が集合!

    スクーター好きがいっぱい集まるミーティング、「スクミ」には極上カスタムがいっぱいでした!

 9月9日(日)、快晴の渚園に全国各地から総勢台以上のCBR250RRが集まった。現行機種MCのほか旧型のMCも参加可能で、昨年月の関西ミーティングに続き、関東関西合同での全国規模のミーティングとして開催されたものだ。告知や参加者の募集は主にツイッターで行なわれ、CBR人気を支える10~20代のユーザーも多数集まったのが印象的だ。イベントの運営はツイッターで繋がった関東と関西の有志によって行なわれたが、彼らでさえ主に20~ 40代。運営と参加者に垣根が無い、全体に漂う若々しさこそがCBR250RRミーティングの特徴だ。


大雨も止んで天気は無事回復。朝の挨拶からミーティングスタート。CBR乗りは朝も元気です!

渚園のキャンプ場は芝生なので、参加者にはサイドスタンドパッドが配布されました。

今後も各地で開催を予定ツイッターでチェック!

CBR250RRのミーティングの輪はあっという間に広がりを見せ、今年3月には横浜で関東ミーティングが開催され、さらに11月にも各地で予定されている。昨年5月に発売されたばかりのモデルだが、ツイッターで若年層を取り込みながら強い ベクトルを持って波及しているのだ。 今回の会場には、CBR250RR開発責任者の河合氏も来場し参加者との交流を楽しむなど、メーカーのモノづくりや販社のマーケティングを変えていくきっかけにもなりそうだ。ユーザーが育てる等身大の高性能マシン、CBRに今後も注目だ。

オールペンはEVA零号機がモチーフ!

元はシルバーだったけど、エヴァンゲリオン零号機をモチーフにイエローでオールペン(BAGGYが製作)。ブラックのくの字のラインは零号機のお腹から、下にいくほどホワイトが使われているのは零号機の足から。シートは丸直で張り替え。

ダブルディスクに憧れてCBR600RRの前足を移植!

旧型RR(MC22)のダブルディスクに憧れてCBR600RRの前足を移植!前出のSawasiさんのブログを見て参考にしたそう。ブレーキキャリパーは前後ともブレンボ、ディスクも前後サンスターに換装し豪華の一言!

塗装ではなくラッピング日本に1台のマイカラー!※元はマットブラック!

広島でミーティングを主催したこと もある月さん。CBR250RとCBR400Rで悩んでいた時にコンセプトモデルを見て一目ぼれ。塗装ではなくラッピングのドレスアップは珍しい。BEETのマフラーは友だちのオススメだそう。

青色の車体が好きでモリワキカラー!!※元はヴィクトリーレッド!

愛車のボディカラーを青色にしたくて、自家塗装でモリワキカラーにオールペン!さらにゆんさんは 、テールカウル下へのLEDチューブライト設置やLEDウインカーへの交換などで、夜でも目立つ1台に!

友達3人で参加!

<左:じょうとさん>原付に加えて2台目です!

大型二輪免許も持つじょうとさんが原付に続いて増車したCBR250RR(お金を貯めて 現金一括)。CB400SFと迷いつつも、フルカウルの魅力とヘッドライトを含めた顔のデザインで決定!


<中:YUSEIさん>ストロボで夜も目立ちます!

CBR250RRは初めてのバイク。サーキット走行も楽しむというYUSEIさんは倒立フォークとエアインテークの空いたテールカウルに惹かれたそう。学生だけど 頑張って7年ローン!


<右:cielaさん>CBR250Rと加速が全然違う~!

顔付きと倒立フォークに惹かれて、単気筒のCBR250Rから乗り換えた(2年ローン) cielaさん。2気筒ならではの加速に「乗れば乗るほど楽しい!」と大満足。

足周りを移植した峠仕様

購入して11年目、カスタムに3~4年をかけた峠仕様のCBR250RR(MC22)。足周り移植や海外製の外装でビシッとビルド。HIDヘッドライト2灯のほか朝比奈 レーシングのサイレンサーとエトスデザイン(改造)のエキパイも装備。

愛里寿ちゃん推し!

CBR400Rを検討していたが大阪モーターサイクルショーでソードシルバーメタリックのCBR250RRを見て購入を決意! 維持費も安いのでカスタムに手をかけたそう。ビームス製のマフラー、ベビーフェイスのスライダー、 ストライカーのスクリーンなどに加えて、細部にゴールドのパーツも配置。

現在試作段階のLEDウイングレット

ウインカー部に自作のアクリル板ウイングレットを装着。ポジションランプとウインカー機能を持たせたLEDを埋め込んでレーザーカッターで仕上げたという力作(試作段階)!

CBR250RRの産みの親、Hondaの河合氏も来場!

開発責任者の河合さんも愛車に乗って自走で来場!「長期テストも兼ねてるのでノーマルです。『加速とハンドリングが良い』というコメントが聞けたのは狙った通りでした」。


河合さんは行く先々で多くのオーナーから質問攻めに。要望としては「純正シングルシートカウルの発売」が多かったとか。

RVFも参加!

直列2気筒の皆さんにV型4気筒の素晴らしさを布教するためにやってきたという敬虔なお二人。普段はV4ミーティング(VFR、RVF)に参加しているのだとか。ゆうきさんはCBR250RR(MC22)も所有しているそう!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan モト・チャンプ編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します