現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オーバーテイク促進狙ったF1新ルールの効果は? リカルド「近づきやすくなった……かも」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.24

オーバーテイク促進狙ったF1新ルールの効果は? リカルド「近づきやすくなった……かも」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーのダニエル・リカルドは、バルセロナでのオフシーズンテストで、オーバーテイク促進を目指して導入された新しい空力ルールの効果を、わずかながら体感したようだ。

 F1は、オーバーテイクの増加を目的とした一連の変更の一環として、2019年の空力レギュレーションを変更した。

    ■ 「良いニュースしかなかった」ガスリー、ホンダPUのパフォーマンス向上を実感

 その主な目的は、前を走るライバルのマシンに近づくに連れて急激にダウンフォースを失い、タイヤがオーバーヒートするのを余儀なくされることを防ぎ、マシンが互いに接近しやすくすることだった。

 多くのドライバーが、新しいルールの違いを判断するのは時期尚早だと語る一方で、リカルドは別のマシンの後ろについた時に、ポジティブな瞬間があったという。

「実際、問題ないように思えた」と彼は語った。

「その時、自分はかなり速く走っていた。どのマシンだったかは分からないけど、自分たちより多くの燃料を積んでいたんだと思う」

「多分、それが付いていくのが簡単だった理由だと思う。でも、良くなっているような感触があった」

「でも、あまりエキサイトするようなことはしたくない。まだそれを感じ始めているところだし、誤解したくない。でもそれが少し改善された兆候だと思いたいんだ」

 リカルドがオーバーテイクの改善について楽観的な姿勢を見せた一方で、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは、まだオーバーテイクは難しいだろうと疑いを持っている。

「僕は、実際まだ他のマシンの後ろについていない」と、ヒュルケンベルグは話した。

「何回かトウ(スリップストリーム)を得られたけど、僕の感触ではそれがまだ困難だろうということだ」

「特にバルセロナはペースがとても速くて、ブレーキングゾーンが非常に短いのでブレーキをかけるのが遅すぎる。どこかで誰かをオーバーテイクしようとするのはほとんど不可能に感じる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します