現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【新旧F1マシンスペック比較】レーシング・ポイント編:“コスパ”重視のRP19。完成度の高いVJM11とパーツを共有

ここから本文です
スポーツ 2019.2.22

【新旧F1マシンスペック比較】レーシング・ポイント編:“コスパ”重視のRP19。完成度の高いVJM11とパーツを共有

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツペサ・レーシング・ポイントF1チームは、2019年マシン『RP19』開発の際に費用対効果を重視して、2018年型マシン『VJM11』と同じパーツを使用している。

 2018年は活動資金不足に悩まされ、前身フォース・インディアの破産申請など厳しいシーズンを過ごしたレーシング・ポイント。チームの将来が不透明な状況で2019年のマシン開発を始めなければならず、資金不足のチームに残された選択肢は、コストパフォーマンスの高い方法によるマシン開発だけだった。

    【F1テスト1回目デイ4・タイム結果】最終日にルノーがトップタイム、トロロッソ・ホンダのアルボンが2番手に続く

 2019年は新たにタイトルスポンサーにスポーツペサを迎え、安定した資金を得ることができており、シーズン序盤でのアップデートも予定されているとのこと。コンストラクターズランキングの上位争いに期待がかかる。

■スペック
【2019年型 RP19】(写真上段)
●シャシー:カーボンファイバーコンポジットモノコック/ザイロン側面貫通防止パネル
●サスペンション:アルミニウム合金アップライト/カーボンファイバーコンポジットウィッシュボーン、トラックロッド&プッシュロッド/シャシー・マウントトーションスプリング/ダンパー&アンチロールバー
●ホイール:BBS製(フロント : 13” x 13.7”/リヤ: 13” x 16.9”)
●クラッチ:APレーシング製
●タイヤ:ピレリ P Zero
●トランスミッション:メルセデスGP製8速セミオートマチック
●ブレーキシステム:920Eブレーキキャリパー/自社製ブレーキ・バイ・ワイヤ、カーボンファイバー製ディスク&パッド
●全幅:2000mm
●全高:5600mm
●重量:743kg(ドライバー、燃料含む)/ウエイト配分:45.4%~46.4%

〈パワーユニット Mercedes-AMG F1 M10 EQ Power+〉
●排気量:1.6リッター
●形式:V6

【2018年型 VJM11】(写真下段)
●シャシー:カーボンファイバーコンポジットモノコック/ザイロン側面パネル
●フロントサスペンション:アルミニウム合金アップライト/カーボンファイバーコンポジットウイッシュボーン/トラックロッド&プッシュロッド/シャシー・マウントトーションスプリング/ダンパー&アンチロールバー
●リヤサスペンション:アルミニウム合金アップライト/カーボンファイバーコンポジットウイッシュボーン/トラックロッド&プッシュロッド/油圧機械式スプリング/ダンパー&アンチロールバー
●ホイール:BBS製、鋳造サハラ・フォース・インディア仕様
●トランスミッション:メルセデスAMG F1 8速セミオートマチック・シームレスシフト
●タイヤ:ピレリ製
●ブレーキシステム:920E
●ブレーキマテリアル:カーボンインダストリー

〈パワーユニット Mercedes-Benz PU106B〉
●パワーユニット:メルセデス・ハイパフォーマンス・パワートレイン製
●排気量:1.6リッター
●形式:V6
●ERS:メルセデス・ハイパフォーマンス・パワートレイン製

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します