現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、プレシーズンテスト最終日にボッタスがチーム最速タイム。「仕上がってきている」とハミルトン

ここから本文です
スポーツ 2019.2.22

メルセデスF1、プレシーズンテスト最終日にボッタスがチーム最速タイム。「仕上がってきている」とハミルトン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルイス・ハミルトンはメルセデスF1の新車『W10』が「仕上がってきた」と語る。しかし彼はライバルチームのパフォーマンスを鑑み、チームに改善を続けることを促している。

 ハミルトンは第1回プレシーズンテスト最終日、午前中のセッションで58周を走行して締めくくった。しかし寒さと乾燥したコンディションにより、現チャンピオンであるハミルトンの1日のスタートは困難なものになった。

    最速ルノーがトラブルでストップ。クビカがウイリアムズ新車で初走行/F1テスト1回目デイ4

 コースが温まると、メルセデスはよりソフトなピレリタイヤで走行を行ない、W10のグリップと特定のコンパウンドにおけるバランスを測定した。

「午前中はかなり冷え込み、誰もにとってタイヤの扱いが少々難しいものになった」とハミルトンは語る。

「全般的に今日のマシンの感触は良く、仕上がってきてもいる。けれど、データと僕たちが加えた変更点を分析し、さらに掘り下げていく作業をこれからも続けなければならない」

「信頼性はとても高い。ファクトリーの全員による懸命な努力のすべてが、大いに示されているね。でも僕たちは改善を続ける必要がある。競争はとても激しくなりそうだ」

 午後の走行を担当したバルテリ・ボッタスもソフトよりのタイヤを試し、その週のチームの最速ラップを記録した。次週のプログラムではさらなるパフォーマンスが引き出されることだろう。

「1週間を通して進歩を重ねているし、マシンは日に日に良くなっていると感じている」とボッタス。

「今は来週が待ち遠しい。さらなる進歩が望めるだろうからね。チーム全員に感謝している。良い初テストになった。今では僕たちは皆、2回目のテストでさらに改善することを切望しているよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します