現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ホンダ密着】F1バルセロナテスト4日目:厳しい表情とともに窺わせた達成感。“強いホンダを懐かしむ気持ち”ゆえの注目高まる

ここから本文です
スポーツ 2019.2.22

【ホンダ密着】F1バルセロナテスト4日目:厳しい表情とともに窺わせた達成感。“強いホンダを懐かしむ気持ち”ゆえの注目高まる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の開幕前テストでは、ホンダへの注目度がこれまでよりはるかに高くなっていることを感じた。

 たとえばガレージからピットロードに田辺豊治テクニカルディレクターが出てくると、カメラマンたちが一斉にレンズを向ける。開幕前テストでは異例の田辺テクニカルディレクターの英語会見を開いたのも、外国人ジャーナリストたちからの要望に応えてのことだった。当日の会見はダニエル・リカルド(ルノー)の囲み取材と時間が重なっていたにもかかわらず、多くのジャーナリストが詰めかけて活発な質疑応答になった。
 
 トップチームのレッドブルとワークス契約を結んだのだから、注目度が上がるのはある意味当然ではある。それに加えてクリスチャン・ホーナー代表やヘルムート・マルコ博士らレッドブル首脳陣が、繰り返しホンダを賞賛しているのも大きかったと思う。
 
 さらに今回のテストでは、3日目にトロロッソのダニール・クビアトが総合トップタイムを叩き出し、最終日の午前中にはアレックス・アルボンが再び首位に立った。しかしだからといってホンダ製パワーユニットがメルセデスやフェラーリより、パワフルだとは誰も思っていない。何よりテスト1週目のラップタイムにほとんど意味がないことは、取材経験豊富な彼らにわかっていないはずはない。それでもついつい、ホンダの動向を注視してしまう。

    【ホンダ密着】F1バルセロナテスト3日目:トップタイムに素直な喜び。レッドブル&トロロッソ首脳陣も明るい表情を見せる

 
 それはなぜなのか、納得の行く理由を探しているうちに、彼らの多くが1980~90年代のマクラーレン・ホンダの圧倒的な強さを脳裏に刻み込んでいる世代だと気がついた。つまりは、強いホンダを懐かしむ気持ちがあるようなのだ。21世紀のマクラーレン・ホンダには、完全に裏切られてしまった。しかしレッドブル・ホンダなら、やってくれるのではないか。そんな期待が、今年の注目に繋がっているのかもしれない。

 冬のテスト前半を終えたあとのホンダの日本語プレスリリースには、「4454.835km。これがホンダのパワーユニットを搭載する2台のマシンが、4日間で走破した距離の合計です」という、誇らしげな一文が載っていた。

 周回数に直せば957周。レッドブルが475周、トロロッソが482周と両チームがほぼ肩を並べ、それぞれスペインGP7レース分に匹敵する距離を走り切った。特に途中でパワーユニット交換をしなかったトロロッソは、年間21戦を3基で賄う現行レギュレーションを最初のテストで見事にクリアしたことになる。確かにまだフルパワーでは走っていないが、その間細かい不具合しか出なかったというのは素晴らしい信頼性というべきだろう。

■ほぼトラブルフリーも、「100%安心はできない」とホンダF1

 ただしトロロッソ・ホンダ1年目の2018年も、テストではほぼトラブルフリーだった。しかし開幕戦でいきなりピエール・ガスリーがMGU-Hのトラブルに見舞われ、リタイアを余儀なくされている。「テストでトラブルが出ないと、レースで大きなトラブルが出るんじゃないかと、逆に心配になるのでは?」というちょっと意地悪な質問を投げかけると、田辺テクニカルディレクターはこう答えた。

「確かに今の段階では、100%安心というわけではありません。(パワーユニットが)壊れずにレースを走り切って、それで初めて合格ですから」

 とはいえ信頼性の構築は、ゴールの見えない厳しい作業である。パフォーマンスを上げていけば、今まで以上の高い負荷で壊れやすくなるからだ。信頼性向上とパワーアップは、二律背反の達成目標と言ってもいい。それでもパワーユニット供給メーカーが、トラブルが出すことは許されない。

「とにかく今は、確認を進めていくだけです」

 そう語る田辺テクニカルディレクターの表情は厳しかったが、この4日間で成し遂げたことへの達成感も確かに窺えたのだった。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ygs*****|2019/02/23 03:19

    違反報告

    後は裏切り者のスパイを徹底的に排除する事、強かった頃のマクラーレンも今のメルセデスも技術を盗まれない様に力を注いでたから長い間強く居られた・・・レッドブルもトロロッソも何よりホンダもそう言う所が甘い様に感じる
  • ang*****|2019/02/22 15:44

    違反報告

    まぁ見てなって。後からボロが出るから(笑)
    だってホンダだもん(笑)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します