現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダPUは1年でパワーが大幅にアップ」。トロロッソが好調さをアピール、バイブレーションの噂も否定

ここから本文です
スポーツ 2019.2.22

「ホンダPUは1年でパワーが大幅にアップ」。トロロッソが好調さをアピール、バイブレーションの噂も否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクーデリア・トロロッソの副テクニカルディレクター、ジョディ・エジントンは、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したマシンがバイブレーションの問題に見舞われているのではないかといううわさを否定し、ホンダは2018年シーズンを通して大きく進歩したと語った。

 2019年初のF1プレシーズンテストのさなか、今年初めてホンダのパワーユニットを搭載したレッドブルがバイブレーションの問題に見舞われており、エンジンをフルパワーの状態で走らせることができずにいるとのうわさが流れた。

    早くもライバル陣営の陰謀か。「ホンダPUにバイブレーションの問題」との噂をレッドブル代表が完全否定

 レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーはすぐさまこのうわさを打ち消し、「今までの走行のなかで一度もバイブレーションの問題に直面していない」と断言。また、ホンダのパワーユニットはシャシーに「非常に美しく」統合されているとの発言も行っている。

 トロロッソの副テクニカルディレクターを務めるエジントンも、バイブレーションの問題が出ているのかと質問に対して「ノー」と答えた。

「エンジンは、非常に優れたプログラムによってテストされている。ホンダはファクトリーでたっぷり作業を行っており、彼らのせいで我々の方に支障が出るようなことは一切ない。パワーユニット側は非常に好調だ」

「昨年一緒に仕事をしてきたので、今年はそれをベースにさらに前進しようとしている。我々はすでにホンダのスタッフの仕事の仕方に慣れている。うまくいくよう、彼らに任せているのだ」

 ホンダはパワーの面を含め、1シーズンで大きく向上したとエジントンは言う。

「昨年(2018年)の今の時期から、ホンダは積極的に開発を行ってきた。出力を大幅に向上させたんだ」
「我々は急速に前進し、昨シーズン末の時点で大きな改善が見られた」

「どのPUマニュファクチャラーもそうだが、ホンダは冬の間、さらなる改善のために極めて忙しい日々を送っている。彼らが冬の間に学んだことを、我々は慎重に検証し、開発を段階的に取り入れ、前に進んでいく」

「昨年の同時期と比較すると、エンジンは大きく進歩した」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します