現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1合同テスト3日目午前:最速はアルファロメオのライコネン。トロロッソ4番手、レッドブル5番手。ウイリアムズは未だ走行ならず

ここから本文です
スポーツ 2019.2.20

F1合同テスト3日目午前:最速はアルファロメオのライコネン。トロロッソ4番手、レッドブル5番手。ウイリアムズは未だ走行ならず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペイン、カタルニア・サーキットで行われているF1合同テストは3日目を迎えた。

 午前のセッションでは、アルファロメオのキミ・ライコネンが1分17秒762でトップタイムを記録。なお同タイムはC4コンパウンドのタイヤを使用して記録したモノだった。

    【コメントライブ実施中】F1合同テスト3日目セッションライブ

 また、ここまで全てのセッションでトップタイムを記録していたフェラーリだが、今回のセッションで初めてトップを譲った。それでもセバスチャン・ベッテルは1分18秒350で2番手タイム。周回も80周をこなしており、安定してテスト内容を消化している。

 そして、ホンダPU勢はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分18秒899で5番手タイム。午前中は33周の走行にとどまった。なおフェルスタッペンは、セッション中にスピンも喫している。そして、トロロッソのダニール・クビアトは4番手タイム(1分18秒897)を記録して、姉妹チームを上回る順位となった。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは10番手タイムだが、88周と周回を多数重ねており、順調にテストをこなしていることが伺える。能ある鷹が爪を隠した状態……なのだろうか?

 ハースのリザーブドライバー、ピエトロ・フィッティパルディは2日目に続いて走行。一度コース上で止まりレッドフラッグの原因となったが、その後徐々にタイムを縮め、最終的に1分19秒249で6番手となった。

 そして、遂にと言うべきか、新車FW42がサーキットに到着したウイリアムズだが、午前中はマシンの組立作業とジョージ・ラッセルのシート合わせに追われ、走行は叶わなかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します