現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【トロロッソ新人/今日のアルボン(1)】「いきなりのスピンは絶対に避ける」と自分に言い聞かせてのスピン……愛すべき好青年キャラ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.20

【トロロッソ新人/今日のアルボン(1)】「いきなりのスピンは絶対に避ける」と自分に言い聞かせてのスピン……愛すべき好青年キャラ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが本格的にF1マシンを走らせるのは、この日が初めてだった。本来なら2018年11月のアブダビテストで、記念すべきF1初体験を果たしていたはず。しかしすでに決まっていたフォーミュラEチームとの契約を解消するための交渉が長引き、残念ながら参加できなかった。

 今回のバルセロナテスト直前にはイタリア・ミサノで新車のシェイクダウンを行ったが、それは文字通り転がす程度だった。それゆえこの日の緊張感は、今まで感じたことのないほど大きなものだったという。

    トロロッソ・ホンダのアルボン「初めてF1カーで高速走行。衝撃的な経験だった」

 コクピットに乗り込んだアルボンは、「いいか、アレックス。走り出していきなりのスピンだけは、絶対に避けるんだぞ」と、自分に言い聞かせたそうだ。ところがインスタレーションに出ていったまさにその周回で、アルボンは見事にスピンを喫してしまった。高速右コーナーのターン4を立ち上がろうとして、グラベルに飛び出したのだ。幸いマシンにダメージはほとんどなかったものの、ガレージに戻って来た直後はさすがにバツの悪そうな表情だった。

「路面が冷えきってて、まるで氷の上を走ってるみたいだった。こんな時にゆっくり走ると、よけいタイヤが冷えてしまう。それでスピードを乗せたんだけど、修正する間もなく挙動を乱してしまった」

 それでもマシンのチェックを終えて走行を再開してからは、「すごく順調だった」とアルボンは言う。

「気温が上がるにつれて路面コンディションもよくなって、リズムに乗って走れるようになったんだ。ずっとスムーズだった」


 その間、1、2度スピンしかけたが、それは新車の限界を探ろうとしたためで、マシンは十分にコントロール下にあったという。セッション終了間際にはソフト寄りのレッドコンパウンドで1分19秒301の自己ベストをマーク。132周を走って、総合4番手で初テストを終えた。

「(マシンが)重い状態での長いスティントも2回できた。チームも最終的には、僕の走りに満足してくれたんじゃないかな」

■“人生最大”の経験をしたアルボン、笑みを抑えられず

 コクピットから降りたアルボンは、「顔がニヤつくのを抑えられなかった」という。いきなりのスピンという洗礼は受けたものの、それほどF1初走行は楽しい体験だったということだ。すぐあとに行われた囲み取材でも、アルボンはずっとニヤニヤしっ放しだった。

「今日の午前中が特にそうだったけど、実際のF1マシンの凄さに圧倒されてしまったよ。特に高速コーナーでのGの凄さは、シミュレーターでは絶対に味わえないものだった」

「今日の経験は僕の人生の中で、最大、最高のものだったよ」と語るアルボン。タイ人としては、あの伝説的なF1ドライバー、プリンス・ビラに次ぐふたり目となる。GP3時代からその走りをずっと観て来た者として、彼の実力は今のF1で十分に評価されるべきレベルにあると信じている。そして何より、愛すべき人柄の青年でもある。日本のF1ファンにも、これからどんどん注目される存在になってほしいと思っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します