現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM:ハプスブルク、ジュンカデラがRモータースポーツ入り。アストンマーティンをドライブへ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.20

DTM:ハプスブルク、ジュンカデラがRモータースポーツ入り。アストンマーティンをドライブへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月19日、2019年シーズンからアストンマーティン・バンテージDTMを投じDTMドイツ・ツーリングカー選手権に初参戦するRモータースポーツは、先に発表した2名のドライバーに続き、フェルディナンド・ハプスブルクとダニエル・ジュンカデラの起用を明らかにした。

 2018年までメルセデスでシリーズを戦っていたHWAと組んで今シーズンからDTMに初挑戦するRモータースポーツ。

    アストンマーチンで2019年DTMに参戦するRモータースポーツ、起用ドライバー2名を発表

 チームは今月15日、ブランパンGTシリーズなどのGT3プログラムで活躍するジェイク・デニスと、元F1ドライバーでDTM通算11勝を挙げているポール・ディ・レスタというラインアップを発表していたが今回、3人目、4人目のドライバーを新たに公表した。

 DTMニューカマーの3人目として起用されたのは、2017年のマカオグランプリで惜しくも勝利を逃したハプスブルクだ。

 スペインF3やFIAヨーロピアンF3選手権(現FIA F3選手権)などでシングルシーターのキャリアを積んできた21歳の若武者は2018年、欧州のインターナショナルGTオープンや北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップに参戦。非フォーミュラカーカテゴリーの経験を積んだ。また、同年11月にはアウディからDTM合同テストに参加し、アウディRS5 DTMをドライブしている。

 Rモータースポーツの最後の1枠となる4人目のドライバーに指名されたのは、2018年に自身初となるDTM優勝を達成したジュンカデラだ。

 ユーロF3王者にして2011年のマカオグランプリウイナーでもあるスペイン人ドライバーは、2013年から2017年を除く5シーズンに渡ってメルセデス陣営からDTMに参戦してきた。

 昨シーズンは自身76レース目となった第11戦ブランズハッチでDTM初優勝を飾ったほか、計3回のポールポジションと4度のファステストラップを記録し、持ち前のスピードを見せつけている。

 今回のアナウンスによってRモータースポーツの2019年ドライバーラインアップはすべて出揃ったことに。中堅ドライバーとなったディレスタと2010年王者のベテラン、ディ・レスタのふたりが、豊富な経験と知識で新チームとDTMルーキーのデニス、ハプスブルクを引っ張っていく。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します