現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > NASCAR:2019年初戦デイトナ500でトヨタがトップ3独占。レース終盤には21台絡む大クラッシュ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.20

NASCAR:2019年初戦デイトナ500でトヨタがトップ3独占。レース終盤には21台絡む大クラッシュ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のモンスターエナジーNASCARカップは2月17日、シーズン開幕戦となる第1戦デイトナ500が行われ、デニー・ハムリン(トヨタ・カムリ)が自身2度目のデイトナ制覇を遂げた。

 年間36戦で争われるNASCAR。その開幕戦は61回の開催を数えるシリーズ最大のイベント、デイトナ500だ。この大会は通常とは異なるレースフォーマットが採用されており、2月10日にはエキシビションの“ザ・クラッシュ”と決勝レースの予選最前列の2台を決める予選が行われた。

    NASCAR:2019年からレース後車検違反は厳罰処分へ。「これまでの“文化”を変える」

 2列目からの隊列は14日(金)に行われる“デュエル”で決められ、2回行われるデュエルで偶数列、奇数列の隊列が決められる。

 エキシビションのザ・クラッシュではジミー・ジョンソン(シボレー・カマロZL1)が優勝。2位にカート・ブッシュ(シボレー・カマロZL1)、3位にジョーイ・ロガーノ(フォード・マスタング)が入った。トヨタ勢は終盤に起きた多重クラッシュ“ビッグ・ワン”に巻き込まれ、カイル・ブッシュの14位が最高位となった。

 決勝レースに向けた予選ではウィリアム・バイロン(シボレー・カマロZL1)がポールポジションを獲得、2番手にアレックス・ボウマン(シボレー・カマロZL1)が続き、ヘンドリック・モータースポーツがトップ2を奪っている。

 17日(日)の決勝日は好天に恵まれ、気温28度のドライコンディション。超満員のファンが見守るなか、60周、60周、80周の3ステージ合計200周の決勝レースがスタートした。

 60周目までのステージ1はカイル・ブッシュとハムリンのトヨタ同士によるトップ争いが展開したが、ハムリンは終盤に後退。カイル・ブッシュが逃げ切りステージ1を制した。

 続くステージ2もトヨタ勢のマット・ディベネデット(トヨタ・カムリ)とカイル・ブッシュがレースをリードする展開となるが、チェッカーまで残り14周でメカニカルトラブルからターン1でスピンした車両がありイエローコーションが出され、レースは一度仕切り直しに。

 このタイミングでピット戦略が分かれたため、トヨタ勢は後退。これでトップに浮上したライアン・ブレイニー(フォード・マスタング)がトップチェッカーを受けた。

 迎えたステージ3前半は、大きな順位変動はなく推移していく。しかしレース終盤に向かうにつれて順位争いが激化。レース残り15周のタイミングではブラッド・ケゼロウスキー(フォード・マスタング)が左リヤタイヤのトラブルでスピンしてイエローコーションが導入される。

 レースが残り10周で再開されると、上位を走っていたディベネデットが追突されてスピン。これに後続の21台が巻き込まれ“ビッグ・ワン”に発展してしまう。

 大クラッシュの発生でレースは25分間に渡って赤旗中断。残り6周で再開されるがふたたび複数台が絡むクラッシュがありレースは延長戦“オーバータイム”に突入する。

 しかし、このオーバータイムでも9台が絡むクラッシュがあり、再度“オーバータイム”での決戦へ。この2周スプリントで逃げ切ったハムリンがトップチェッカーを受け、自身2度目のデイトナ500制覇を成し遂げた。

 また、2位にカイル・ブッシュ(トヨタ・カムリ)、3位にエリック・ジョーンズ(トヨタ・カムリ)が入り、ジョー・ギブス・レーシングのトヨタ勢がトップ3を独占する格好となった。

■ハムリン「今日は勝つべくして勝った1日」。下位シリーズには10台のスープラが登場
「今日は自分が勝つべくして勝ったと言えるような1日だった」とハムリン。

「それと同時に素晴らしいバトルができたカイル(ブッシュ)には敬意を払いたい。彼は初のデイトナ500制覇に向けていい走りをしていた。残念ながら、僕たちがそれを阻むことになってしまったけどね」

「(チームの共同設立者で長い闘病の後、2019年1月に死去した)J.D.ギブスにこの勝利を捧げたい。彼の意志はチームに宿っていて、チームスタッフに勝利を持ち帰ったことを誇りに思う」

 これがマスタングでの実戦デビューとなったフォード陣営はロガーノの4位が最上位。シボレーはタイ・ディロン(シボレー・カマロZL1)の6位が最高位だった。

 また、カップシリーズ決勝前日の16日(土)には、下位シリーズにあたるエクスフィニティも開幕。トヨタは総勢10台のスープラでエントリーし、ブランドン・ジョーンズが3位を獲得している。優勝したのはシボレー・カマロを操るマイケル・アネットだった。

 この週末はカップシリーズ、エクスフィニティに加え、ピックアップで争われるキャンピング・ワールド・トラック・シリーズも開幕。15日に行われた決勝は32台中、完走したのはわずか9台というサバイバルレースとなった。

 この1戦では、2018年のシリーズチャンピオンであるHattori Racing Enterprisesから参戦するオースティン・ヒル(トヨタ・タンドラ)が優勝を飾っている。

 2019年のモンスターエナジーNASCARカップ第2戦は2月23日、アトランタ・モーター・スピードウェイで行われる。









  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します