現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:ヒュンダイ、2019年のタイトル獲得に向け計画修正。第4戦ツール・ド・コルスで布陣変える

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

WRC:ヒュンダイ、2019年のタイトル獲得に向け計画修正。第4戦ツール・ド・コルスで布陣変える

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒュンダイ・モータースポーツは3月28~31日に行われるWRC世界ラリー選手権第4戦ツール・ド・コルスのドライバーラインアップを変更すると発表した。当初シーズンを通して起用するとアナウンスしていたアンドレアス・ミケルセンを外している。

 ヒュンダイはティエリー・ヌービル、ミケルセン、ダニ・ソルド、セバスチャン・ローブの4名を起用して2019年のWRCに参戦。当初はヌービル、ミケルセンを軸としながら、大会ごとに3台目のi20クーペWRCを託すドライバーを変えるとしていた。

    【動画】2019WRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデン ダイジェスト

 しかし、チームは2月19日に発表したリリースで当初の計画を修正すると表明。フランス・コルシカ島で開催される第4戦はヌービルとソルド、ローブの体制で挑むことを明らかにした。

 この第4戦ツール・ド・コルスは、地中海に浮かぶ島を舞台に争われるターマック(舗装路)イベントで、曲がりくねったタイトコーナーが連続することから“10,000コーナーのラリー”とも呼ばれている。

 チームは「ターマックのスペシャリストたちを揃えることで、タイトかつツイスティで、テクニカルなツール・ド・コルスを制するチャンスを最大限に広げたい」とラインアップ変更の理由を説明している。

「ヒュンダイ・モータースポーツはシーズン序盤2戦を終えて、マニュファクチャラーズチャンピオンシップで2位につけており、2019年にタイトルを獲得するという目標を改めて意識した」

「ドライバーラインアップを変更するという決断により、どのラウンドでも複数のクルーが表彰台を争える状況を作り出せるはずだ」

 なお、3月7~10日に行われるグラベル(未舗装路)イベントの第3戦メキシコについては起用ドライバーに変更はなく、ヌービルとミケルセン、これが2019年シーズン初戦となるソルドの体制で挑むとしている。

 第5戦以降の体制については言及されていないが、ヌービルを軸としながら3名のドライバーを入れ替える戦略を採ることになりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します