現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダでキャリアを終える? ロレンソ、マルケスとの”最強チーム”に自身アリ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

ホンダでキャリアを終える? ロレンソ、マルケスとの”最強チーム”に自身アリ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホルヘ・ロレンソは最高峰クラス参戦開始から9シーズンをヤマハ、2シーズンをドゥカティで過ごし、今シーズンはレプソル・ホンダへ移籍している。しかし、この移籍はスムーズに決定したものではなかった。2019年シーズンはドゥカティが契約更改しないことを決めたため、当初はグリッドに留まれない可能性もあったのだ。

 ロレンソはホンダへの電撃移籍が決定するまで、彼のMotoGPキャリアは終わりに“非常に近い”ものだったと認めている。

    ■レッドブル・ホンダのタイムは? F1バルセロナ合同テスト前半2日目:ライブコメント実施中

「僕はこれまで難しい時でも諦めずに取り組み続けてきた」

「ホンダと契約できたことで、昨シーズンを良い終わり方にすることができた」

「ホンダで僕のキャリアを終えたいとは言わないけれど、恐らくここが僕の(所属する)最後のチームだろう。どうなるかは結果次第だが、それが僕の考えだ」

 ロレンソはホンダとの2年契約についてそう語った。また、Sky Italiaのインタビューで、ロレンソはドゥカティ在籍期間のことは忘れようとしている、とも話している。

「ドゥカティでのことについては、もう考えていない」

「僕はマシン(の感触)が好ましいと感じられて、正しいセッティングをできれば、タイトルにも手が届くと知っている」

 2012年以降、ライダーズタイトルを獲得しているのはロレンソとマルケスのみだ。そして、ホンダは繰り返し彼らの事を“ドリームチーム”である、と言及している。

 ロレンソはそうした呼び方に間違いは無いと言う。ただ、ロレンソはそうした数字以上に、彼らは強力だと語っている。

「数字の上では、僕らはMotoGPの歴史上で最強のチームのひとつなのは明白だ」

「競争がそれ程激しくないと、時々何度もタイトルを獲得することができる……だが、スピードと純粋な才能の点から見れば、数字が示す以上に僕らは強力だし、それが現実だ」

 セパン・サーキットでのオフィシャルテストを、トレーニング中の左手首骨折により欠席したロレンソ。現在、ロレンソは理学療法士のアンジェロ・スクリバーノとリハビリを行っている。

 motorsport.comの取材によると、ロレンソは怪我の回復が予想より良いため、カタールテスト(2月23日~25日)への参加に“100%の自信がある”という。

 2月には、自身は2019年シーズンのタイトル候補ではないと語っていたロレンソ……だが、”ホンダでの初優勝の時期”について尋ねられると、「”可能な限り”早く(優勝を)狙っている」と語った。

「不可能な事は何も無い。難しいだろうけれど、開幕戦ですら(初優勝は)起こり得るだろう」とロレンソは付け加えた。

 これまでヤマハ、ドゥカティ時代にも「ここでキャリアを終えたい」と語ってきたロレンソ。果たして、レプソル・ホンダはロレンソの終の棲家となるだろうか? 

 なお、開幕戦前最後のオフィシャルテストは2月23日~25日にロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、その後3月8日に同地で開幕戦カタールGPが行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します