現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル&トロロッソの2チームにホンダPU供給スタート。”良いスタートが切れた”F1合同テスト初日

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

レッドブル&トロロッソの2チームにホンダPU供給スタート。”良いスタートが切れた”F1合同テスト初日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンに向けたF1バルセロナ合同テストが、スペインのカタルニア・サーキットで開幕。その初日、ホンダのパワーユニット(PU)を使うレッドブルとトロロッソのいずれも、順調に走行を重ねた。

 レッドブルはこの日、マックス・フェルスタッペンがRB15をドライブ。128周を走破し、総合4番手となる1分19秒426をマークした。フェルスタッペンはこの日の走行について、「テスト初日に128周を走行できたことは、本当によかったし、満足している」とホンダのプレスリリースにコメント。「ここまでは良い感じで来ている」と今後へ向けた期待を語った。

    ■ホンダPUはある意味ベスト? レッドブル、マシンとPUの”融合”に自信

 トロロッソSTR14をドライブしたのは、今年グランプリシーン復活となるダニール・クビアト。こちらは若干のトラブルに見舞われ、ガレージで過ごす時間も多かったものの、いずれも”小さな問題”だったという。それでも結局77周を走行し、総合6番手となるタイムを記録した。「走行距離を伸ばしていきながら、マシンの挙動を確認した」と語るクビアトは、いずれの走行もスムーズだったと1日を振り返っている。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも、ホンダのプレスリリースにテスト初日を振り返るコメントを寄せた。曰く「良いスタートが切れた」という。

「今日はPUとしては両チームともに2019年スペックの基本的な機能確認を行いました。1日を通してPUには大きな問題なくセッションを終えましたし、いいスタートだったと感じています」

 そう語る田辺TDは、2チームとの仕事についても、次のように語った。

「トロロッソとは2年目で互いによく理解できていることも多く、昨年よりもさらにいいチームワークで作業ができていると感じています」

「レッドブル・レーシングとは本日初めて公式セッションに臨みましたが、冬の間に懸命な準備を一緒に続けてきたこともあり、コミュニケーションよくスムーズに1日を終えることができました」

 カタルニア・サーキットでのシーズン前テストは、残り7日間。その後、開幕戦オーストラリアGPを迎えることになる。

「明日からも開幕戦に向けてまだ長いテストが続きますが、この調子で進めていきたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します