現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオ飛躍の予感……? 進化遂げたニューマシンにクールなライコネンも上機嫌「とてもポジティブ」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

アルファロメオ飛躍の予感……? 進化遂げたニューマシンにクールなライコネンも上機嫌「とてもポジティブ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キミ・ライコネンは2014年から5年間在籍したフェラーリを離れ、今年ザウバーから名称を新たにしたアルファロメオに移籍した。

 ライコネンは2018年にアブダビで行われたポストシーズンテストにおいて、ザウバーの昨年型マシン・C37をドライブ。そして2019年を迎え、2/14(木)に「バレンタインカラー」をまとったアルファロメオのニューマシン・C38をフィオラノでシェイクダウン。2/18(月)にバルセロナテスト初日を迎えた。

    ■F1”雑感”解説:アルファロメオ……その”不思議な”フロントウイングの狙いは?

 18年型、19年型とふたつのマシンを“乗り比べ”したライコネンは、チームが大きな進歩を遂げていると実感している。

 テスト初日に114周を走破したライコネンは「非常にポジティブな状況だ」と語った。

「実際、とてもハッピーだ。みんながオフシーズンの間本当にいい仕事をしてくれたし、僕たちはもっと良くなるはずだ」

「全てが順調に進んでいるし、昨年乗ったザウバーのマシンと比べて確実に大きな一歩を踏み出している」

 ライコネンの初日走行は、早々にグラベルに捕まったところから始まり、何らかの問題でコース上に止まったところで終わりを告げた。

 序盤のコースオフについてライコネンは「寒い冬の走行から学ぶものは何もなさそうだね」とジョークを飛ばした。

「寒いコンディションの中で走行を始めるのは常に難しいことだ」と彼は言った。

「しかしそれ(コースオフ)以外は順調だった。マシンはとても素晴らしいし、初期の段階とはいえそれは良いことだ」

 アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、ライコネンのコースオフがチームの当初の計画を崩すことはなかったと語った。

「このような日はパフォーマンスを気にする必要はない。重要なことはプランをしっかりとこなすことだ」とバスールは言った。

「我々は明確なプランを立てていたし、それを終日貫いた」

「(タイムに)性能など関係ないとは言いたくないが、(各チームの)燃料搭載料、エンジンのセットアップなどは誰にもわからない」

「他と比較するのではなく、自分たちのすべきことに集中する必要がある。レースは年間で21戦もあるのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します