現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダ製パワーユニットとRB15が美しく統合」。レッドブルF1代表、新パートナーシップのメリットをすでに実感

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

「ホンダ製パワーユニットとRB15が美しく統合」。レッドブルF1代表、新パートナーシップのメリットをすでに実感

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年型マシンRB15においてホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を初めて使用したものの、シャシーへのインスタレーションが非常にうまくいったと語っている。

 ホンダを搭載したRB15は事前にシェイクダウンを済ませた後、プレシーズンテスト初日にテスト作業をスタートした。レッドブルによると、午前中に小さな問題があり、本格的な走行を開始するのが遅れたものの、一日を通して大きな問題は発生しなかったという。

    フェルスタッペン「ホンダとのテストを楽しみにしていた」。128周走行の初日に大満足

 この日の走行を担当したマックス・フェルスタッペンは128周を走行し、1分19秒426(C3コンパウンド使用)で全体の4番手となった。周回数ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルの169周に次ぐ2番手だった。

「(今のF1では)パワーは最も重要な要素だ。今年のシャシーへのエンジンの組み込みは、我々が経験してきたなかでベストと言っていいだろう」とホーナー代表は語った。

「シャシーへの統合がきっちりとなされた。非常に美しくでき上がったと思う」

「エンジニアリングチームの全員がホンダと協力し合い、シャシーにスイス製の時計のように組み込んでみせた。素晴らしい仕事をやってくれた」

■ホーナー代表「ある程度時間は必要だが、いずれホンダとともに成功を収められる」
 ホーナーはまた、パワーユニットを早い段階で仕上げてきたホンダの努力を称賛した。両者のパートナーシップが大きな成功を収めるには時間がかかるとしながらも、ホーナーは現時点ではすべてが順調であると述べている。

「ホンダと共に戦うことにわくわくしている。単なるカスタマー供給とは異なる、真のパートナーシップを結んでいるからだ。それによってもたらされるメリットをすでに感じている」

「特効薬のようなものなどない。あっという間に効果が出ることはないだろう。互いの組織が相手について深く知り、相手の長所や比較的弱い部分をよく理解するに従って、育ってくるものがあるのだと私は思っている。それに関して、具体的な時間枠を設けてはいない」

「昨年(2018年)のトロロッソは大きな進歩を果たした。それを観察し、考慮した結果、(ホンダにスイッチするという)この決断を下したのだ。今のところ、すべてに関して非常にいい印象を持っている」

「ファクトリーに4基の完成したエンジンが(これほど早い段階で)届けられたのは、過去12年間において初めてのことだ。今までこんなことはなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します