現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年開幕のTCRジャパン・シリーズは初年度から盛況!? エントリーは15台越えか

ここから本文です
スポーツ 2019.2.18

2019年開幕のTCRジャパン・シリーズは初年度から盛況!? エントリーは15台越えか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年から、全日本スーパーフォーミュラ選手権と併催されるかたちで、全5~6戦が予定されているTCRジャパン・シリーズ。ひさびさに日本でスプリントのツーリングカーレースが楽しめるレースだが、初年度から15台ほどのエントリーを集めることになりそうだ。

 TCRは、2014年に構想が生まれたツーリングカー規定。同様に各国に広まったGT3を参考に、バランス・オブ・パフォーマンス(BoP)で性能を揃え、メーカーが製作したマシンをチームが購入して戦うカスタマーレーシングカーだ。現在世界中でTCR規定のレーシングカーは非常に数多く流通しており、TCRマシンを使ったレースはスプリント、耐久を問わず数多く開催されている。

    2019年スタートの『TCRジャパンシリーズ』の開催概要発表。初年度は全6戦を予定

 そんなTCR車両の広がりを受け、2019年からスーパーフォーミュラをプロモートする日本レースプロモーション(JRP)が中心となり設立した日本TCRマネジメントが開催を目指しているのが、TCRジャパン・シリーズ。すでにピレリ・スーパー耐久シリーズではTCRのクラスが設けられているが、スプリントフォーマットでのTCRのレースは日本初。スプリントのツーリングカーレースは、1998年に当時のJTCC全日本ツーリングカー選手権が終了して以来となる。

 シルバー/ブロンズのドライバーのみに参戦を絞ったり、2日間でそれぞれ開催するレースをシリーズ化したりと、レースを盛り上げるべくさまざまな施策を設けているTCRジャパン・シリーズだが、5月18~19日にオートポリスで開催される記念すべき開幕戦に向け、少しずつエントリーが集まっているようだ。

 すでにHitotsuyama Racingやバースレーシングプロジェクト(BRP)がシリーズ参戦を表明しているが、オートスポーツwebがさまざまなエントラント等に取材を行ったところ、すでにエントリーは15台を超えているようだ。もちろん車両のデリバリー等の関係で、開幕戦に全車がそろわない可能性もあるが、今後エントリーも増える可能性もあり、初年度としては充実の台数がそろうことになるかもしれない。

 車種バラエティとしても多くの台数が流通するアウディRS3 LMS、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR、そしてホンダ・シビック・タイプR TCRが見られそう。さらに、アルファロメオ・ジュリエッタTCRの登場もあり得そうだ。

 ドライバーについては先述のとおり、ドライバーカテゴライズ上のシルバー/ブロンズのドライバーしかレースに参戦することはできないが、スーパーGT GT300クラスでも優勝経験をもつが、現段階でシルバーに該当するドライバーの参戦もありそう。近年はブロンズでも非常に速い日本人ドライバーも多く、レースは見応えあるものになるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します