現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:日本製シャシーでMoto2を戦うNTS・RWレーシングGPが体制発表。マシンカラーもお披露目

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

MotoGP:日本製シャシーでMoto2を戦うNTS・RWレーシングGPが体制発表。マシンカラーもお披露目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGPのMoto2クラスに参戦するNTS・RWレーシングGPが、2月14日にオランダ・ユトレヒト市内で開催中のモーターショーでチーム発表会を開催した。

 Moto2クラスは2019年からエンジンサプライヤーがホンダからイギリスのバイクメーカー、トライアンフに変わり、新たな時代を迎えている。使用されるエンジンは、ストリートトリプルRSをベースに開発された3気筒765ccエンジンで、マニエッティ・マレリがECUサプライヤーを務める。

    マレーシアでも2&4レースが開催。鈴鹿8耐の予選レースとなるEWCセパン8時間とWTCR最終戦が併催に

 会場では、日本のフレームコンストラクター、NTSが開発したフレームにトライアンフ製エンジンを搭載したマシンが披露された。ライダーには、25歳の南アフリカ人、スティーブン・オデンダールと、Moto2クラス1年目となる19歳のオランダ人、ボ・ベンスナイダーを起用する。

 発表会では、2018年にテストライダーを務めた経験を持つアレックス・デ・アンジェリスがライダーコーチを兼任し、オランダのフィテン・オイルがメインスポンサーとして支援することが発表された。

 昨年11月下旬に2019年シーズンに向けて始動したオデンダールとベンスナイダーは、新車のシェイクダウンを行うため、2月6日から2日間、スペインのリカルド・トルモ・サーキットでプライベートテストを実施。2月20日から3日間、ヘレスで開催される今シーズン初のオフィシャルテストに参加する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します