現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリでブランパンGTアジア戦うハブオート・コルサ、2019年は坂本祐也&デビッド・ラッセル起用

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

フェラーリでブランパンGTアジア戦うハブオート・コルサ、2019年は坂本祐也&デビッド・ラッセル起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブランパンGTワールドチャレンジ・アジア(旧ブランパンGTシリーズ・アジア)に参戦するハブオート・コルサが2019年のドライバーラインアップを発表。デビッド・ラッセルと2018年のスーパーGT300クラスにスポット参戦した坂本祐也にフェラーリ488 GT3を託す。

 2018年シーズンのブランパンGTシリーズ・アジアで2勝を挙げ、ニック・フォスターをドライバーズランキング2位に押し上げたハブオート・コルサ。王座獲得を目指す2019年シーズンはドライバー陣を一新して臨む。

    元F1ドライバーのリオ・ハリアント、2019年のブランパンGTアジアに参戦。フェラーリをドライブ

 日本人ドライバーとして名を連ねた坂本は、2017年のブランパンGTアジアにチームEBIからスポット参戦。2018年はスーパーGT第2戦富士、第5戦富士でEXE AMG GT3の第3ドライバーを務めた。

 パートナーとなるラッセルはオーストラリアV8スーパーカーを主戦場にしてきたドライバーで、2019年のバサースト12時間でGTクラスの表彰台を獲得している。

「ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアにふたたび参戦することをうれしく思う」と語るのはチームオーナーのモーリス・チェン。

「参戦初年度となった2018年はレースで勝利しドライバーズタイトル獲得に手が届きそうなところまで行くことができた。だから、2019年の目標はシンプルだ。去年よりもいい成績を残す」

「2019年シーズンに向けて、さまざまなオプションがあったが、アジア圏のモータースポーツシーンをサポートしていくことが重要だと判断した」

 全6大会で構成される2019年のブランパンGTワールドチャレンジ・アジアは4月6~7日にセパン・インターナショナル・サーキットで開幕。日本では6月22~23日に鈴鹿サーキット、7月6~7日に富士スピードウェイで第3戦、第4戦が行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します