現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1デビューイヤーを迎えるノリス、「期待に応えるためにやるべきことは多い」と意気込みを語る

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

F1デビューイヤーを迎えるノリス、「期待に応えるためにやるべきことは多い」と意気込みを語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チームのルーキーであるランド・ノリスは、これまでジュニアカテゴリーを驚くほど楽々と勝ち上がってきた。だが19歳で迎えるF1のデビューシーズンに関しては「期待に応えるためにやるべきことは多い」と話している。

 モータースポーツの能力形成期に傑出した才能を見せ、2018年シーズンのF2ではランキング2位となったノリスは、すぐにそのレベルを卒業して最上位カテゴリーで過ごすことを約束された。しかしマクラーレンのドライバーとしてグランプリという表舞台に立つことになった今、ノリス自身が十分に認識しているように大きな期待もついて回る。

    【新旧F1マシンスペック比較】マクラーレン編:マシン設計の基礎に重点を置いたMCL34

 14日に行なわれたマクラーレンの2019年シーズン体制発表会において、ノリスは「期待に応えるために、やるべきことは多い。マクラーレンの歴史の重さは自分自身も感じている」と述べた。

「僕がチームに加わったことをポジティブな効果につなげたい。そして自分の年齢を考えれば、僕はこの先F1で長くキャリアを積んでいくだろうということも意識したいと思っている」
 チームが2019年型マシンの発表を行なう間、ノリスの目はパパイヤオレンジとベガブルーが印象的な新車『MCL34』に釘付けだった。その様子からは、早く新仕様のマシンに乗り込み、その性能を自ら確かめたくて仕方がないという気持ちが伝わってくる。

「次の行き先はバルセロナだ! 真面目な話、プレシーズンテストでハンドルを握るのが待ちきれないよ」とノリス。

「オフシーズンの期間中、昇格したF1で戦えるように厳しいトレーニングを積んできた。2019年シーズンに備えて、ファクトリーでもチームの皆と長い時間をともに過ごして多くを学んできたんだ」

「子供のころから、F1に参戦することが僕の夢だったんだ。2018年のフリー走行セッションで走ったことで、有意義な経験も積めた。今は、マクラーレンのドライバーとしてデビュー戦に臨むことをとても楽しみにしている」

「MCL34は素晴らしいマシンだと思う。とにかく走らせたくてしょうがないよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します