現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダが手本? スズキがレース部門の“スズキレーシングカンパニー”を設立

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

ホンダが手本? スズキがレース部門の“スズキレーシングカンパニー”を設立

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP復帰5年目を迎えるスズキは、レース関連業務を担当する“スズキレーシングカンパニー”(SRC)を設立したことを今年の1月に発表した。このSRCは、ホンダの二輪レース部門を担当するホンダ・レーシング(HRC)をお手本として、設立された組織であるようだ。

 SRCの設立はスズキのMotoGPプロジェクトにリソース管理の自治権を与えることを目的としているという。またSRCは、MotoGPに加えて世界耐久選手権やAMAスーパーバイク選手権といった他のモータースポーツプログラムも監督することになる。

    ■ ヤマハの“迷走”は終わるか? ロッシ、ビニャーレスが新マシンに高評価

 これまで、チームマネージャーのダビデ・ブリビオによる要望は浜松のスズキ本社に伝達され、そこで最終的な決定が下されていた。こうしたコミュニケーションと決定に必要以上に遅れるが生じることは、チームにとってハンディキャップともなる。しかし、今回このSRCが誕生したことで、これまで以上に業務が円滑に進んでいくことになるだろう。

 ただ、SRCが生まれたことで、スズキがMotoGPでサテライトチームを持てるかどうかはまだ分かっていない。スズキGSX-RRをサテライトチームへ供給するという話は、これまでにも噂に上がったことがある。例えばマルクVDSと契約を検討していたと言われるが、結局はスズキ本社がその体制拡大について反対し、交渉は頓挫したと言われる。

 ブリビオは2018年の終わりに、サテライトチームを持つことは未だに“目標”であり、MotoGPにおける優先事項のひとつだと認めていた。そして、昨シーズンにアレックス・リンスとアンドレア・イアンノーネが、合計9回の表彰台を獲得という良い結果を見せたことは、ブリビオがサテライトチームへのマシン提供を本社へのプッシュする手助けとなるだろう。

 なおSRCは、HRCと役割は似ているものの、立ち位置は若干異なる。HRCはホンダ本体をは別法人として設立されているが、SRCはあくまで”社内カンパニー”としての位置付けになるようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Oriol Puigdemont)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • amb*****|2019/02/16 07:00

    違反報告

    SRP(スズキ・レーシング・プロモーション?)時代のように、独立されるとイイね!  
    500ガンマ時代の強いスズキに戻って欲しい!!
  • mot*****|2019/02/16 01:34

    違反報告

    さらに本気になってきたから
    トロ臭いHONDAぶちのめせるかもw

    ジムニーが業績を大牽引してるね
    商品はHONDAより全然いいよ

    期待してる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します