現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スバル×ソルベルグのコンビが復活。17歳の息子オリバー、スバルUSAから北米ラリーに参戦

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

スバル×ソルベルグのコンビが復活。17歳の息子オリバー、スバルUSAから北米ラリーに参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スバル・オブ・アメリカは2月14日、2019年のアメリカン・ラリー・アソシエーション・チャンピオンシップ(ARAラリー)に参戦するラインアップにペター・ソルベルグの息子、オリバーを加えると発表した。

 アメリカを代表するラリー選手権であるARAラリー。スバルは、このシリーズにスバル・モータースポーツUSAとして参戦、WRC世界ラリー選手権参戦時代のブルー×イエローのカラーをまとったスバルWRX STIをデビッド・ヒギンズ、トラビス・パストラーナのふたりに託す。

    世界ラリークロス:ソルベルグ&フォルクスワーゲンが2019年“活動休止”。台数減少止まらず

 この布陣に弱冠17歳のオリバー・ソルベルグが加入。2003年にWRCチャンピオンを獲得したスバル×ソルベルグのコンビネーションが復活することになった。

 2003年に父のペター・ソルベルグがチャンピオンを獲得したとき、わずか2歳だったオリバーは、現在ラリーやラリークロスを主戦場として活躍。2019年はWRCにも出場を予定している。

 そんなオリバーは3月15~16日に行われる100アクレウッド・ラリーを皮切りにシリーズ6戦へ参戦する。  

「今回の契約が僕にとってどれだけ大きな意味を持つか、だれも理解できないんじゃないかな」とオリバー。

「父がスバルとともにWRCチャンピオンを獲得したとき、僕は2歳だったけど、当時のことは記憶に残っている。その父と同じく、ブルーとイエローのカラーをまとったスバルをドライブできるなんて、本当に誇らしいことだし、今もスバルのベッドシーツを使っているくらい思い入れがあるんだ」

「だから、僕にとって当時と同じカラー、同じチーム名のもとでラリーを戦えるなんて信じられない出来事なんだよ」  
 
 オリバーの加入によって、ヒギンズ、パストラーナの参戦スケジュールにも変更が生じており、ヒギンズはシリーズ全戦に、パストラーナはオリバーが出場しない2戦へエントリーする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します