現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオF1、ジョビナッツィがパーツを運び、新車シェイクダウンを無事完了。ライコネンは好感触示す

ここから本文です
スポーツ 2019.2.15

アルファロメオF1、ジョビナッツィがパーツを運び、新車シェイクダウンを無事完了。ライコネンは好感触示す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルファロメオ・レーシングが2019年型F1マシンのシェイクダウンを無事に完了した。その陰にはレースドライバーのアントニオ・ジョビナッツィの貢献があったことが明らかになった。

 14日、ザウバーの後身アルファロメオは、キミ・ライコネンにより、ニューマシンの初走行をフェラーリのテストコース、フィオラノで行った。

    アルファロメオF1が2019年型ニューマシンをシェイクダウン。ライコネンが走行

 この日、ライコネンはPR目的のフィルミングデーの規則で定められた走行距離100kmの制限に従い、2.9kmのコースで33周を周回。テクニカルディレクターであるシモーネ・レスタによると、空力面、セットアップ、冷却面等のチェックを行い、この日集めたデータをもとに、新空力レギュレーションがマシンの挙動にどう影響するかの確認を行うということだ。

 この日、ニューカーには、ブラックをベースにレッドのハートとアルファロメオのマークである四つ葉のクローバーをちりばめたカラーリングが施されていた。これはバレンタインデー限定の特別カラーであるとみられる。

 アルファロメオによると、この日の朝、マシンの組み立てに必要な最後のパーツをサーキットに運ぶため、ジョビナッツィを近くの空港まで派遣、無事にシェイクダウンを行うことができたという。

「いいセッションだった」とライコネンは一日の感想を語った。
「今シーズン走らせる新車がどういうものなのか、第一印象を得ることができた。マシンの感触は良かったよ。これからいくつか細かい部分を仕上げてから、バルセロナでの2週間にわたるテストに臨む。テストでマシンへの理解を深めるのを楽しみにしている」

 アルファロメオのマシンの正式な発表は、プレシーズンテスト初日18日の朝に行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します