現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCスウェーデン:大会直前のシェイクダウンはヒュンダイがトップ。トヨタは2.2秒差の2番手

ここから本文です
スポーツ 2019.2.14

WRCスウェーデン:大会直前のシェイクダウンはヒュンダイがトップ。トヨタは2.2秒差の2番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権は2月14日、第2戦スウェーデンのシェイクダウンが行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がトップタイムを記録した。

 北欧のスウェーデンを中心に、隣国ノルウェーも含む行程で争われるラリー・スウェーデンは、シリーズ唯一のフルスノーイベントだ。

    WRC:ラトバラ、スウェーデンで史上最多出場数更新も「目標には今も手が届いていない」

 大会開幕前、最後の走行チャンスとなるシェイクダウンは現地9時(日本時間17時)ごろから6.86kmのステージで行われた。

 トヨタのオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が「これまでのラリー・スウェーデンのなかでもベストな路面コンディション」と評したシェイクダウンで、2018年大会の覇者であるヌービルは3回目の走行で4分5秒のトップタイムを記録した。

 ヌービルに続く2番手タイムを記録したのはオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)で4分7秒2。その0.1秒差で第1戦モンテカルロウイナーのセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)が続いている。

 そのほかトヨタ勢は4分7秒5を記録したクリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)が4番手、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が4分9秒2で9番手。プライベーターとして4台目のヤリスWRCを走らせるマーカス・グロンホルムは4分16秒9で18番手につけている。

 Mスポーツ勢のトップは4分7秒7を記録したエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)で5番手。ヒュンダイから参戦するセバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC)は8番手だった。

 WRC2クラスを戦う勝田貴元(フォード・フィエスタWRC)は4分18秒1で19番手。R5車両を使うドライバーでは7番手だった。

 ラリー・スウェーデンは、このあと現地20時8分(日本時間15日4時8分)ごろにカールスタッドの特設ステージでSS1が行われて開幕する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します