現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、大幅アップデートを施したパワーユニットを2019年シーズンに投入。まさに盤石の構え

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

メルセデスF1、大幅アップデートを施したパワーユニットを2019年シーズンに投入。まさに盤石の構え

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスは2019年シーズン、大きく変更を施したパワーユニットを投入するという。

 2月13日にシルバーストン・サーキットで公開、そしてその後シェイクダウンテストを行なったメルセデスのニューマシンW10 EQ Power+。このマシンに搭載されているパワーユニットは、大きく改良が施されたモノであると、チームは認める。

    【ギャラリー】メルセデスの2019年マシンW10 EQ Power+

 メルセデスのエンジンオペレーションのトップであるアンディ・コーウェルは、最新のパワーユニットについて、次のように語った。

「我々はパワーユニットの冷却構造を変更した。これによりマシンの空力に好影響を及ぼし、パワーユニットの効率にも利益をもたらすことを願っている。つまりうまくいけば、シャシーとパワーユニットの両方に、良い効果をもたらすのだ」

「パワーユニットの中心にあるのは、燃焼室で燃料を燃やし、そしてクランクシャフトから効率的な仕事を引き出すことにある」

「我々は燃焼効率と回生システムについて、前進を果たした。ターボチャージャーのアッセンブリーとMGU-H、そしてインバータ、バッテリー、MGU-Kをうまく統合させることで、今ではシステム全体が効率的に作動し、そしてレース中のエネルギーデプロイを助けることになる」

 今季のF1は、過度な燃費走行をせずに済むよう、レース中に使うことのできる燃料量が5kg引き上げられた。しかしコーウェル曰く、メルセデスは搭載が許される110kgいっぱいまで、燃料を積まないことを選択するかもしれないと示唆する。

「もし効率的な空力とエンジンがあり、そして多少のリフト&コーストをする準備ができていれば、110kg以下の燃料を搭載してレースをスタートするチャンスがある」

 そうコーウェルは語る。

「もし車重が5kg軽くなれば、1周あたり0.2秒速くなる。だから少しでも軽い燃料でレースをスタートすることができれば、自然とメリットを享受することができるということになる」

「パワーユニットと空力の両面で、効率的なマシンを生み出すこと、そして、レースを通じてだけではなく、レースのスタート時にも良いペースを確実に発揮するために賢くレースをすることは、依然として強みになるんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します