現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【津川哲夫の2019私的新車チェック:ルノー】インテーク開口部など冷却容積拡大に見えるパワーユニット性能&信頼性向上の狙い

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

【津川哲夫の2019私的新車チェック:ルノー】インテーク開口部など冷却容積拡大に見えるパワーユニット性能&信頼性向上の狙い

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスのファクトリー、エンストンから送り出されたルノーR.S.19。今年もまた、昨年からの基本コンセプトが継承されている。

 ルノーの開発ポリシーは革新を取らずに通常開発の継続のため、R.S.19はR.S.18のスムースな発展型となった。サスペンションアームを含む外装の全体像はR.S.18のまま。規則で低められたが、モノコックから抱え込むように輪を造るバージボードはルノーの個性として継承されている。

    ルノーF1、2019年型パワーユニット『E-Tech 19』の進化は「過去最大」と大きな自信

 新レギュレーションに対処してフロントウイングはシンプルな形状で、空気流を車体中心側に引き込む努力がフラップの曲率に現れている。

 また、サイドポッドのインテークは開口部形状を大型に変更、インタークーラー等の冷却系の容積の拡大によって、新パワーユニット(PU)/エンジンのパフォーマンスの向上が考えられる。

 エントリーダクト下部のアンダーカットは深くなり、ポッドサイドも形状は旧型に似るが、低く薄くが徹底され、新大型リヤウイングへの空気流確保に努力が感じられる。新規則のエアロで両サイドへの掃き出しが難しくなり、空気流の処理にフロア上面の役割が昨年以上に増した結果だろう。

 元々レーキ(前傾)角は大きなルノーだったが、R.S.19ではそれが強調されている。サイドポッドがコンパクトになったことで、新PUへのラム圧確保、MGU-H、MGU-K 等ERS(エナジー回生装置)関係の冷却での信頼性向上などを狙っているのだろう。その結果として、インダクションポッドのダクト体積が増し、より多くの空気流の導入が狙われ、センタークーリングへの比重が増したようだ。

 R.S.19は緩やかだが地道な進化を狙ったもので変化は少ないが、昨年同様トップ4の維持とレッドブル追討がR.S.19に課せられた責務だが……果たして。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します