現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > まるでF1? MotoGPにも”トロロッソカラー”が出現。KTMとテック3が2019年仕様マシンカラーリングを公開

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

まるでF1? MotoGPにも”トロロッソカラー”が出現。KTMとテック3が2019年仕様マシンカラーリングを公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルKTM、レッドブル・KTM・テック3の両チームは、2月12日に2019年シーズンの参戦体制発表をKTM本社で行った。

 昨シーズン限りでヤマハとの契約を終え、今シーズンからKTMのサテライトチームとなるテック3。テック3は新たな提携の一環として、レッドブルとスポンサー契約を締結した。2019年シーズンにテック3が走らせるマシンのカラーリングは、F1のトロロッソ・ホンダのカラーリングと似た黒と青、それにオレンジをメインとしたものになっている。

    【トロロッソだこれ】KTM&テック3、2019年仕様マシンカラーリング、全アングル

 一方、ファクトリーチームのレッドブル・KTMは2018年までのカラーリングとさほど変わっていない。

 MotoGPフル参戦3年目を迎える今シーズン、KTMはレギュラーライダーとして元テック3のヨハン・ザルコを起用している。

 2月6日~8日に行われたセパンテストで、ザルコはチームメイトのポル・エスパルガロと共に走行。最終日にはザルコが17番手、エスパルガロは18番手タイムと、控えめなスタートとなった。

 昨シーズン、KTMはエンジンの改善が遅れ、エスパルガロの怪我やテストライダーのミカ・カリオの負傷離脱もあり、難しい1年間になっていた。

 しかし、最終戦バレンシアGPではエスパルガロが難しい雨のレースでKTM初の表彰台を獲得し、同じく参戦から間もないライバル、アプリリアに2年連続で競り勝っている。

 また、昨シーズン引退したMotoGPレジェンドのダニ・ペドロサが、今シーズンからKTMへテストライダーとして加入しているが、彼は鎖骨骨折の治療のためプレシーズンテストには参加が不可能となっている。

 発表会では、Moto2に参戦するマルコ・ベッツェッキとフィリップ・エッテル、Moto3のレッドブル・KTM・アジョのマシンが、テック3同様のトロロッソ然としたカラーリングとなることも明かされている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Gruz)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します