現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 笠井崇志の2019年は多忙な年に。ランボルギーニ・スーパートロフェオで世界を転戦

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

笠井崇志の2019年は多忙な年に。ランボルギーニ・スーパートロフェオで世界を転戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヨーロッパを拠点に、ランボルギーニ・スーパートロフェオ等に参戦しながらGTカーレースを志している笠井崇志が、2019年はブランパンGTアジア等で活躍している強豪FFFレーシングチームに移籍し、スーパートロフェオ・ミドルイーストとスーパートロフェオ・アジアを転戦することになった。

 三重県出身の笠井は、レーシングカートからイタリアのFIA-F4等を経て、スポーツカーレース参戦を志しており、2018年はビンツェンツォ・ソスピリ・レーシング(VSR)に加入。ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ヨーロッパに参戦し、プロ-アマクラスのタイトルを争った。

    笠井崇志、欧州スーパートロフェオの挑戦初年度はクラス3位で終える。来季は日本でも活動!?

 そんな笠井はまだ学生だが、2019年は本格的なステップを踏むべく、強豪FFFレーシングチームに移籍することになった。参戦するのは、中東で開催されているランボルギーニ・スーパートロフェオ・ミドルイースト、そしてアジア各国を転戦するスーパートロフェオ・アジアだ。

 先に開幕するのはスーパートロフェオ・ミドルイーストで、こちらはプロドライバー同士が戦うクラスの参戦。2月15~16日にドバイ・オートドロームで開幕。翌週にはアブダビで第2ラウンドが開催され、2ラウンド6レースで争われる。ラウンド数が少ないため、上位フィニッシュも可能なはずだ。

 さらに笠井は、4月6~7日にマレーシアのセパンサーキットで開幕するスーパートロフェオ・アジアにも参戦する。最終戦はスペインのヘレスで開催され、スーパートロフェオ・ワールドファイナルにも参戦予定だという。そして期待したいのは、スーパートロフェオ・アジアには鈴鹿と富士でレースがあることだ。日本のファンにとって、初めて笠井の走りを観られるチャンスとなる。

 2020年に向けてさらなるステップアップを狙う笠井は、今季スーパートロフェオのふたつのシリーズで勝利とタイトルを狙っていく。ヨーロッパやアジアのチームからも高評価を得ているだけに、今季は期待のシーズンとなりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します