現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スバルが2019年モータースポーツ参戦体制を発表。BRZで参戦のスーパーGTは井口&山内コンビ続投

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

スバルが2019年モータースポーツ参戦体制を発表。BRZで参戦のスーパーGTは井口&山内コンビ続投

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スバル/スバルテクニカインターナショナル(STI)は2月13日、2019年のモータースポーツ活動計画について発表。スーパーGT300クラスについては井口卓人、山内英輝のふたりを起用し、SUBARU BRZ GT300で参戦する。

 スバルBRZをベースとするJAF-GTマシンのBRZ GT300で国内最高峰のスーパーGTに挑戦しているスバル。2018年は第3戦鈴鹿で3位、第6戦SUGOでポールトゥウィンを飾る力走をみせたが、トラブルからリタイアを余儀なくされることも多く、ドライバーズランキングは8位と苦戦を強いられた。

    2月13日からスーパーGTオフシーズンマレーシアテスト開催。13台のSGTマシンが参加へ

 2019年シーズンに向けては、マシンに搭載する水平対向ボクサーエンジンの耐久性、信頼性や燃焼効率の改善、シャシーと空力特性の最適化、タイヤ接地効率向上などの改良を実施。井口、山内コンビを継続起用して王座獲得を目指す。チーム総監督は渋谷真STIプロジェクトゼネラルマネージャーが、チーム運営はR&D SPORTが担当する。

 またスバル/STIは2018年から参戦を続けるニュルブルクリンク24時間レースについても継続して参戦。ギヤ比の最適化やブレーキ制動バランス、空力の見直しや全面的な耐久性向上を図ったスバルWRX STIでSP3Tクラスに挑み、2年連続通算6度目のクラス優勝を目指す。

 チームを取りまとめるのは辰己英治総監督。ドライバーはカルロ・バンダム/ティム・シュリック/山内/井口の4名を継続起用する。

 1月末に開幕を迎えているJRC全日本ラリー選手権については、新井敏弘、勝田範彦選手、鎌田卓麻のスバル協賛選手がWRX STIで参戦するほか、トヨタ86とスバルBRZのワンメイクレース『GAZOO Racing 86/BRZ Race』ではプロフェッショナルシリーズの井口と久保凜太郎、クラブマンシリーズの池島美紅をサポートしていく。

 またSTIの設立30周年を記念するイベント、『STI MOTORSPORT DAY』を3月10日に富士スピードウェイで開催することもアナウンスされた。当日は各シリーズのドライバーが登場するほか、2019年のGT300を戦うBRZ、ニュル24時間を戦うWRX STIの公開テストも行われる予定。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します