現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1トップ、フェラーリとの考えの違いを指摘。「我々は2位でも構わない」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.13

メルセデスF1トップ、フェラーリとの考えの違いを指摘。「我々は2位でも構わない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、メルセデスとフェラーリの指針の大きな違いのひとつは、メルセデスは2位になってもその結果を受け入れられることだと述べている。

「我々が勝つことに対して謙虚であることは、このメルセデスチームのDNAの一部なのだ」とウォルフは説明した。

    【動画】F1王者メルセデス、2019年型エンジンサウンドを披露

「我々は勝てて当然とは考えていない。勝つ資格があるとは思っていないのだ。主なライバルたち(フェラーリとレッドブル)は非常に強力なチームであり、コース上でのすべての要素が大きな挑戦となる」

「だから謙虚と慎みを持ったアプローチを取ることは、非常に重要だと私は考えている。 実際のところは対照的で、我々は毎週末のレースに臨むにあたって勝利が必須だとは考えていない」

「我々が2位に終わることもあるだろうが、ベストを尽くしたうえで、それが我々にとってのベストであるのなら、2位という結果のために最大限の努力をしたということだ。そういうことであれば、2位でも私は気にしない」

「それがフェラーリとの大きな違いだと思う。彼らには、優勝だけが受け入れられる結果だという気質があるようだ。彼らは優勝しなければならない。そして2位という結果は、たとえ彼らがベストを尽くしていたとしても失敗なのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します