現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソとレッドブルを”平等に”扱う……2019年ホンダF1の”戦略”

ここから本文です
スポーツ 2019.2.12

トロロッソとレッドブルを”平等に”扱う……2019年ホンダF1の”戦略”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソのニューマシンSTR14が発表された。トロロッソはホンダとのパートナーシップ2年目、昨年はコンストラクターズランキング9位、最高位4位(バーレーンGP/ピエール・ガスリー)に終わったが、今シーズンはそれ以上の成績を目指している。

 今季からは姉妹チームのレッドブルも、ホンダ製のパワーユニット(PU)を搭載。その結果、レッドブル・テクノロジー製のギヤボックスとサスペンションを使えることになるなど、相乗効果が期待されている。

    ■レッドブルと共通のリヤエンド……トロロッソ・ホンダSTR14に”相乗効果”がもたらされる?

 その核となる2019年のホンダPUはいかなるものなのか? ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、チームのプレスリリースで次のように説明した。

「いつから今年用PUの開発に取り組んだのか……その具体的な日は特にありません」

 そう田辺テクニカルディレクターは語る。

「なぜなら、1台のマシンがレースで使うことのできる燃料の量が5kg増えたことを除けば、PUに関するルールに実質的な変更点はないからです。我々の開発は、昨年やってきたことの続きです」

「当然のことながら、冬の間にはレースはありません。しかし、日本とミルトンキーンズのファクトリーで、新たなシーズンに備えてステップアップをしました」

「その上、姉妹チームであるレッドブル・レーシングにもPUを供給するための準備も必要でした。レッドブル・テクノロジー・グループと協力することで、2チームのマシンに関連する多くのエリアで、その作業を合理化することもできました」

 レッドブルとトロロッソには、同じスペックのPUを供給すると、田辺テクニカルディレクターは主張する。


「そうするつもりです。それがもっとも論理的な方法であり、それはホンダがベストだと感じているやり方です」

「しかし、2チームに同じハードウェアを提供するだけではありません。リソースについても、平等に扱うつもりです」

「2チームは同じファミリーに属するチームであり、レッドブル・テクノロジーと仕事をすることもできますから、これがかなり明快な手順だと思います」

 今シーズンの目標について田辺テクニカルディレクターは、2チーム揃って昨年よりも良い成績を挙げることだと語った。

「簡潔に申し上げれば、我々の目標は、両チームが共に2018年よりも良い成績を残すことです。トロロッソについて言えば、コンストラクターズランキングを上げ、より多くのポイントを獲得し、より安定して走り、そして昨年のバーレーンGPの結果を再び繰り返すか、それ以上の成績を残すことを意味します」

「でも現時点では、我々は何を期待すべきかはわかりません。他のスポーツと同様に、我々の結果がライバルたちの出来に左右される部分もあるからです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します