現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラシックカーの祭典『レトロモビル』にFIA会長のランボルギーニ・ミウラSVが出展

ここから本文です
スポーツ 2019.2.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月6日~10日、パリでクラシックカーの祭典『レトロモビル』が開催された。このイベントにおいて、ランボルギーニ・ポロストリコが特別な赤のミウラSVを出展した。なんとこのミウラSVのオーナーは、FIA国際自動車連盟の会長であるジャン・トッドだという。

 ポロストリコは、ランボルギーニのクラシックカーを対象とする専門の車内部署。2016年に設立され、2001年までに生産された350GTからディアブロまでのランボルギーニ車のレストアと認定を行っている。

    ランボルギーニが世界に1台の『ミウラSVR』をレストア。19カ月の作業を経て日本で初披露

 今回出展されたミウラは、1968年製のミウラSのシャシーナンバー3673を引き継いでいた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン