現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダの “持病” 克服を目指すマルケス。改善は道半ばか?

ここから本文です
スポーツ 2019.2.11

ホンダの “持病” 克服を目指すマルケス。改善は道半ばか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは2019年型のRC213Vが未だにフロントから転倒しやすいマシンだと語っている。

 マルケスはタイトルを獲得した2018年シーズンに通算23回の転倒を喫している。オフシーズンに彼は左肩の脱臼癖を治療すべく手術を受けているが、転倒回数の多さはこうした怪我の要因だと言えるだろう。

    ■ ヤマハの“迷走”は終わるか? ロッシ、ビニャーレスが新マシンに高評価

 手術したマルケスの左肩はセパンテストでは完全に回復していなかった。そのため、マルケスは3日間とも限られた周回をこなしていた。1日目をトップタイムで終えたマルケスだが、3日目はトップタイムを記録したダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)から約1秒遅れの11番手となっている。

 マルケスはフロントの問題について、確信が持てるほどプッシュはしていなかったとしつつも、カル・クラッチロー(LCRホンダ)が2度転倒していた事を根拠として、2019年型のマシンはフロントが未だにトリッキーなままである、と指摘している。

「もちろん、僕たちはこの(フロントの問題という)部分に取り組んでいる。でも今回のテストはいつものようにプッシュ出来なかったから、この部分に集中できなかったんだ」

 マルケスはそう語っている。

「余力を残していたわけじゃないけれど、僕はスムーズに走ったんだ」

「これは僕にとって普通のことじゃない。クラッチローは2回か3回転倒していた。これは重大な点に思えるし、僕たちはそう考えている」

「プッシュできるようになった時、僕はいつものようにプッシュするだろう。でも今回のテストでは余力はなかった。プッシュ出来なかったんだ。それで、僕はフロント部分で試そうとしていたことは、(今回のテストでは)しないほうが良いだろうとチームに話したんだ」

「僕らは加速の改善を試みた……そこは僕が感じられる所だからね。でも、コーナーでは僕はプッシュしなかった」

 マルケスの意見をクラッチローに話すと、彼はテストでの転倒は今までホンダライダーが起こしていた、“フロントへの負荷が大きすぎる”伝統的な原因とは異なるモノにより引き起こされたと感じているようだ。

「僕の転倒は(フロントの問題とは)別物だと思う。通常、ホンダのマシンでフロントから転倒する時には、ブレーキングゾーンでフロントに過剰なストレスをかけて転倒しているんだ」

 クラッチローはそう語る。

「フロントの感覚は全く異なるものだった。去年のような負荷はかけていないと感じていたし、恐らくホンダはそれを改善していただろう。それと、僕もまたマシンに適応する必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jamie Klein)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kei*****|2019/02/12 16:52

    違反報告

    電子制御によって後輪のトラクションがコントロールされるようになって、一番のネックだったハイサイドはほとんど見なくなっている。その分、フロントのグリップにリスクが集中してくるのはホンダに限ったことじゃないと思うが・・。フロントも何らかのハイレベルな制御が加われば、転ばないレーシングマシンが出来ちゃいそうだなw
  • y05*****|2019/02/12 10:43

    違反報告

    フロントがリアより滑るのは、本当に怖いですよ、つまり高速300キロのコーナーで滑るということでもありますからね。

    フロンが軽すぎるんじゃないですかね、エンジン位置を3センチ前方移動するだけでも解決できるかと思いますがね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します