現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【保存版】中古カブの選び方・見分け方/ホンダ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.10

【保存版】中古カブの選び方・見分け方/ホンダ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タフさが売りのカブだけに、酷使された中古車も少なくない。というワケで中古カブ購入のポイントを、中古車販売から整備、カスタムまで幅広く対応してくれるカブ専門店、アトリカ521に聞いてきた!PHOTO●渡辺昌彦 REPORT●佐藤恭央取材協力●アトリカ521 TEL:0276-55-2995

バイクだって健康第一! “使われ方”を見抜け

    【休日木箱】1日で、自分だけで、カブに素敵なエイジング木箱を載せよう!/ホンダ

 カブシリーズで根強い人気を誇るキャブ車(CA50・AA01)は生産年数が長く、流通量もケタ違い。しかし、販売終了から20年近く経っているし、ビジネスシーンで酷使されて相当ヤレている車両も結構見かけるようになってきた。そこで今回は、バイヤーズガイドとしてはもちろん「中古車
を手に入れたらはじめにチェックしたいところ」という、カブレストアにおいての重要ポイントを厳選して紹介したい。

 本項の他にも、グリップ先端やステップのダメージ具合だったり、スポークの折れ&ホイールの歪みを確認して転倒や事故の可能性を疑ったり、給油口周りの変色や細部の汚れなどもチェックすれば、どのような「扱われ方」をしてきたのかをある程度見抜くことができる。

 ちなみにアトリカ521によると「ごついキャリアやサイドスタンドが装着されている場合は、配達などのビジネス用途で使われていた可能性が高いので要注意。また、雪国で使われていた個体は下周りのサビが進行しているケースが多いですね」とのこと。

 ただそんなカブでも純正部品が潤沢に供給されているので復活させることは難しくない。とは言っても、初期投資はなるべく抑えたいのが心情。楽しいカブライフを送るには始めが肝心なのだ!!

エンジン

「オイル交換の頻度が分かる」

 オイルフィラーキャップを外して見てみよう。オイルをしばらく交換していなかったり、オイルが少ない状態で走行した場合は真っ黒に変色している。ちゃんとエンジンオイルの管理がされてきた車両は往々にしてフィラーキャップも交換されていることが多いそうなので、一つの目安になるのだ。

「始動不調の原因はスロージェットの詰まりかも」

 カブ50のキャブレターのスロージェットはかなり小さくて穴が詰まりやすい。走行中ボコついたり、始動が困難な場合は疑ってみよう。

「固着がメンテ歴の指標に」

 燃料コックをOFFにできなければ、長らく燃料周りのメンテをしてない証拠。併せてホースに亀裂がないかなども確かめたい。

車体

「ガタ付きや歪み」

「ハンドルを切った際の重さが一定じゃない」。そう思ったらステアリングステムレースに傷がついているかも。また異変を感じなくても、長期間、分解整備をしていないなら油切れを起こしているのでしっかりとケアしよう。保管状況によって異なるけど、走行距離の目安としては4~5万kmだ。どうせならベアリングやトップブリッジラバーなども新品に交換した方が安心・安全!

「サビの有無」

パッと見はきれいでも、フェンダーの裏側は錆びていた……なんてことも。手で触ってみて、ボロボロと錆びが落ちてくるようなら赤信号!! できれば避けたい個体だ。

足周り

「錆びやたるみに注意」

付け根が割れやすい吸盤の劣化が思わぬトラブルを招くカブはチェーンがフルカバー仕様なので状態の確認を怠りがち。中が汚れにくい反面、ここに水が入ると一気に錆びが進行する。チェーンが伸びても気付きにくく、ケース下部に穴が開くこともある。何より、走行中にチェーンがケースに当た
りガチャガチャるさいのはイヤだよね。

マイナスドライバーなどでチェーンケースにあるゴムキャップを取り外せばチェーンの状態を確認できる。もちろん注油もこの穴から行なう。

外装

「付け根が割れやすい」

樹脂素材のレッグシールドは、経年劣化や振動によって、とくにボディとのつなぎ目部分が割れてしまう可能性が大!割れてしまったら早めのリペアが肝心。社外品なら丸ごと2000円位で購入することもできる。

「吸盤の劣化が思わぬトラブルを招く」

 シートは燃料タンク上面に吸盤で固定されている。このゴムの吸盤が硬化してヒビが入り、吸着力がなくなってしまうと走行中にシートが左右にずれて危険だし、ヒンジにも負担が掛かりガタつきの原因となってしまう。早めの交換が望ましい。また、表皮に関しては、カブはシート後方に座る人が多い傾向にあり、後ろ側が破けているケースが多いとのこと。

お役立ちHOW to! フロントサスのチェック法

 カブのフロントサスはボトムリンク式なので、ブレーキをかけた状態だと沈まない。サスの良し悪しを確認する時は、ブレーキレバーを握らずに行なうのが正解だ。ヘタっていると動きがぎこちなくなるし、ゴムブッシュとカラーが摩耗するとフォークが左右どちらかに片寄ってしまうこともある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan モト・チャンプ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します