現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPセパンテスト2日目:ビニャーレスがトップタイム。中上は10番手

ここから本文です
スポーツ 2019.2.7

MotoGPセパンテスト2日目:ビニャーレスがトップタイム。中上は10番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月7日(木)マレーシアのセパン・サーキットにてMotoGPのオフィシャルテスト2日目が行われた。

 6日に続き、2019年シーズン開始に向けて各チームが精力的にテストをこなし、この日は9人のライダーが1分59秒台までタイムを縮めている。

    ■ ロッシ、新型エンジンに高評価。ヤマハは今季復活なるか?

 2日目の今日のトップタイムをマークしたのは、モンスターエナジー・ヤマハのマーベリック・ビニャーレス。2番手に0.5秒以上の大差をつけるタイムを記録。ヤマハはセパンテストに向け選定した新スペックのエンジンをテストしていたが、今季に向けて期待の持てる結果となった。なお、ビニャーレスはブレーキングの改善を目指すと語っている。

 チームメイトのバレンティーノ・ロッシは初日と同様の6番手タイム。新エンジンへの感触も良いようだ。

 2番手にはスズキのアレックス・リンス。電子制御のテストを精力的に行っていた。

 3番手にはプラマックでファクトリー仕様のドゥカティGP19を駆るジャック・ミラーが入った。ミラーと来季のファクトリーシートを争うことになると言われているダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)は9番手タイム。また、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは4番手タイムを記録。

 昨シーズン大クラッシュを喫し、欠場が続いていたカル・クラッチロー(LCRホンダ)だが、2日目は5番手タイムを叩き出している。チームメイトの日本人ライダー、中上貴晶は10番手タイムとなった。

 ディフェンディングチャンピオンのマルク・マルケスは負傷から回復しきっていない影響か、2日目も少なめの周回数となっている。しかし、その中でも7番手タイムを記録しており、ライバルたちは油断できないようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します