現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、タイプ別に異なる規定を用いる新GT3規則を提案。公認日の前倒しも検討か

ここから本文です
スポーツ 2019.2.7

FIA、タイプ別に異なる規定を用いる新GT3規則を提案。公認日の前倒しも検討か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAはGT3のホモロゲーションにかかる新たなレギュレーションの概要を提案した。2022年の導入が予定されるこの規定は、同一カテゴリー内でスポーツカーとスポーツクーペに個別の車両規則を設けるというものだ。

 Sportscar365は先週、ジュネーブで開催されたテクニカルワーキンググループの会合でFIA GT3カーの製造メーカーに提示されたコンセプトが、次回の規則更新が行われる2022年に公布される可能性があることを理解した。

    千代勝正、松田次生を擁すKCMG、初参戦のバサースト12時間で2台のGT-Rがダブル完走

 現時点でその詳細ははっきりとしないものの、GT3カテゴリーのなかでふたつの異なるプラットフォームを採用し、性能調整を通じて両タイプのスピードを均等化させることが狙いであると考えられている。

 GT3は日本のスーパーGT300クラスをはじめ、ヨーロッパ、アジア、アメリカで開催されるブランパンGTシリーズや、IGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ、VLNニュルブルクリンク耐久シリーズなど世界各地に広がりをみせ、多くの自動車メーカーがブランドイメージの向上を期待し参入している人気カテゴリーだ。

 FIAは現在、4ドアモデルやプロダクションモデル、同様のアーキテクチャをベースとするGT3カーを禁止している。

 そんなGT3は現在、すべての車種が統一規則の下でホモロゲーション登録を受けFIAによって公認されている。そのため、ベントレー・コンチネンタルGT3やBMW M6 GT3などの大型スポーツクーペと、フェラーリ488 GT3、ポルシェ911 GT3 Rといった本格スポーツカーとのバランス調整に課題があるとされている。

 FIAが行った今回の提案はこのアンバランスな状況を打開するため、スポーツカーをWEC世界耐久選手権やIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップのGTル・マンクラスで採用されている、LM-GTE規定のような厳格な技術規則の対象とするもの。ただし、マニュファクチャラーの持つ共有モジュラープラットフォームをベースとすることは許可されている。

 一方で、スポーツクーペは比較的自由度の高い現在のGT3レギュレーションを適用されることになるが、使用するエンジンは生産モデルに搭載されるものをベースとすることが要求されると考えられている。

 なお、現在までのGT3レギュレーションにはこのような規定は明示されていなかった。事実、かつてBMWはZ4 GT3に同社のM3に搭載されていた4.4リットルV8自然吸気エンジンを採用している。

 今回提示された新たなレギュレーション案は、GT3カーを製造する各メーカーから発せられるさまざま意見を取りれたものだ。

■新型マシンがバサースト12時間に参戦可能に? 2020年からGT3公認日を前倒しか

 2022年からの新レギュレーション案を提出したFIAはこれと同時に、GT3カーの公認日をシーズンスタート前からシーズン終盤に移動させようとしている。

 現在、新型マシンやエボバージョンが導入されたGT3カーはその年の春にFIAとSROモータースポーツ・グループによるBoPテストを受けなくてはならず、それ以前に開催されるリキモリ・バサースト12時間には出場することができない。

 2019年で言えばアストンマーチン・バンテージGT3、ポルシェ911 GT3 R、マクラーレン720S GT3のほか、エボリューションモデルとなったアウディR8 LMS、ランボルギーニ・ウラカンGT3エボ、ホンダ/アキュラNSX GT3エボという5車種がこれに該当する。

 SROのテクニカルディレクターを務めるクロード・サーモントによると、今後新型モデルはBoPを確立させるため、前年に少なくともひとつのSRO主催レースに参加すれば翌年のバサーストへの出場が許可される可能性があるいう。

「すべては(FIAの)承認日によるんだ」とサーモントはEndurance-Infoに語った。

「私はFIAがBoP設定のプロセスと承認日の変更について、(GT3の)テクニカルワーキングで扱ったことを知っている」

「一連のプロセスを完了させ、新車もしくはエボモデルがBoPテストとしていSROのレースで走ることができれば、その車両はバサーストに参加できるだろう」

 なお、前述の5車種はアブダビのガルフ12時間やドバイ24時間、デイトナ24時間などでレースデビューを飾っているが、これは24時間シリーズを統括するクレベンティク・コンペティションとIMSAのドラフト・ホモロゲーションの下で参戦が許可されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します