現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロッテラー、WEC“皆勤賞”途絶える。セブリング出場よりフォーミュラEテスト優先

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

ロッテラー、WEC“皆勤賞”途絶える。セブリング出場よりフォーミュラEテスト優先

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC(世界耐久選手権)に参戦中のレベリオン・レーシングは、1号車にアンドレ・ロッテラー、ブルーノ・セナ、ニール・ジャニを、3号車にマティアス・べシェ、トーマス・ローラン、グスタボ・メネゼスを起用しているが、第6戦のセブリング1000マイルを前にドライバー交代劇が起こった。

 レベリオンは先月、ナタナエル・バートンと長期契約を締結し、ドライバーが飽和状態に。レギュラーの座を失う可能性が高いのはべシェだと見られていた。

    ■耐久レース”3連勝”。小林可夢偉、セブリングでは”ライバル”アロンソと戦う

 しかし、ロッテラーがセブリング1000マイルと同日に行われるフォーミュラEのシミュレーターテストを優先し欠場。バートンは3号車を駆ることとなり、べシェは空いた1号車の座に収まることとなった。

 2012年のWECチャンピオン、3度のル・マン優勝と、既に耐久レース界では数々の栄光を手にしているロッテラーは今季、トップチームであるDSテチータからフォーミュラEに参戦中。2年目の今季はタイトル獲得を狙っている。

 2012年のWEC発足以来、全てのレースに出場していた“皆勤賞”のロッテラーだったが、その記録は途絶えることとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します