現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界ラリークロス:フォード、2021年導入の電動クラス参戦に意欲。「最高のプラットフォーム」

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

世界ラリークロス:フォード、2021年導入の電動クラス参戦に意欲。「最高のプラットフォーム」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年に最高峰クラスの完全電動(EV)化が予定されてるWorldRX世界ラリークロス選手権。2016~17年まで参戦チームにワークスサポートを行ったフォードは、EVで争われるラリークロスに参戦意欲を示した。

 市販車はもちろん、モータースポーツ界でも二輪・四輪を問わずに採用が拡大しているEV。排ガス規制などが厳しい欧州で人気を得ているWorldRXも、この流れに乗って当初は2020年から最高峰のスーパーカークラスを電動化する予定だった。

    初代王者がスバルへ移籍する北米主体『ARXアメリカズ・ラリークロス』、2019年は全5大会6戦

 しかし2018年8月、「新規参入メーカーに時間的猶予を与えたい」としてEV導入の1年後ろ倒しが決定。現行の内燃機関を搭載したスーパーカーは2020年まで最高峰クラスを戦い続けることになった。

 今回、そのEVクラスへの参戦意欲を示したフォードは、ケン・ブロック率いるフーニガン・レーシングディビジョンを支援する形でWorldRXに参戦しており、その際はフォード・フィエスタRS RXをシリーズに投入していた。

 また2019年に向けては、オーストリアに拠点を置くSTARDが製作を続ける新型フォード・フィエスタSTをベースとするフィエスタRXスーパーカー開発に技術協力を行っている。

 フォード・パフォーマンスのマーク・ラッシュブルックは「FIAや(シリーズを運営する)IMG、OEM企業の人々と話し合いを続けている」と語った。

「我々はフォーカスRSを使った参戦計画の目標は達成できたと判断して、2018年でシリーズでの活動をいったん終了した。しかし、EVモータースポーツの可能性については検討を進めている最中で、ラリークロスもその対象のひとつだ」

「完全なEVマシンでラリークロスを戦うことは、パフォーマンスやレース距離、レースに対する情熱などの面から適していると考えている。EVマシンで戦う上で最高のプラットフォームではないかな」

 2021年に導入予定のEVマシンはオレカ製の共通カーボンシャシーにウイリアムズ・アドバンスド・テクノロジー製のバッテリーを搭載することが義務付けられる。

 車両に搭載する2基の250kWモーターは各マニュファクチャラーが内製する必要があるほか、マシンボディについてはBセグメント/Cセグメントの市販モデルをベースとしたものを採用しなければならない。

 プライベーターチームについては、マニュファクチャラーから提供を受けた車両で参戦するか、パワートレインを内製し、FIAが承認した標準ボディを使って参戦することができる。

 新EVクラスへの参加表明期日は2019年3月31日。今回のフォードを含む参戦希望メーカーは、この期日までに参戦意思を表明しなければならない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します