現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスの新車は”脱シルバー”? 公式ツイッターで迷彩柄のフロントウイング画像を公開

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

メルセデスの新車は”脱シルバー”? 公式ツイッターで迷彩柄のフロントウイング画像を公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスは、チームの公式ツイッターに、青、緑、黒で彩られたフロントウイングの画像を公開した。そこにはひと言、次のような一文が添えられていた。

「シルバーはもう時代遅れだ……」

    ■フェルスタッペン、レッドブル・ホンダ”1号マシン”をシミュレータで体験

 メルセデスはニューマシンW10の計画については、詳しく語っていない。しかし、もし新しいカラーリングがフロントウイングを超えて車体全体に広がっているのであれば、このツイートは、メルセデスがこの数年走らせてきたマシンのカラーリングとは、大きく異なるモノになるという手がかりかもしれない。

 また、公開された画像は翼端板部分と見られるが、その形状はシンプルになり、これまで搭載が常であったカスケードウイングも存在していない。

 メルセデスは、2月13日(火)新車W10を公開する予定で、その後2月18日からの合同テストに臨む。しかしチームは、発表会で公開されたカラーリングのまま、テストに臨むとは限らない。メルセデスは、市販車のテスト時に迷彩模様を纏うのと同様、その形状をカモフラージュするためのカラーリングを施して、できる限り”やっていること”を隠そうとしているのかもしれないのだ。

 レッドブルも2015年のテストの際、カモフラージュのカラーリングで走行したことがある。

 今シーズンからはテクニカルレギュレーションが変更されたため、フロントウイングとリヤウイングがシンプルな形状になる。そのため各チームは、このエリアの開発に多くのリソースを費やしてきた。迷彩模様のカラーリングを採用することになれば、ライバルチームがメルセデスのフロントウイングデザインをコピーするのを難しくすることになるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します