現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン、“いるべきでないドライバー”がいるF1の復帰には本腰入れず。参戦中のフォーミュラEに活路

ここから本文です
スポーツ 2019.2.6

バンドーン、“いるべきでないドライバー”がいるF1の復帰には本腰入れず。参戦中のフォーミュラEに活路

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年にはGP2チャンピオンを獲得し、2016年にはスーパーフォーミュラで2勝を挙げたストフェル・バンドーンは2017年からF1フル参戦。戦闘力の低いマクラーレンで2シーズンにわたって参戦したが印象的な活躍を残すことができず、チームメイトのフェルナンド・アロンソをパフォーマンスで上回ることができなかった。

 過去2度のワールドチャンピオンに輝いたアロンソがチームメイトであったことを不利に感じたかどうか尋ねられたバンドーンは、motorsport.comにこう答えた。

    ■レッドブル、ホンダと組む第1号機『RB15』を2月13日に発表

「言葉にするのは難しい。過ぎた事は変えられないし、マクラーレンで過ごした日々に後悔はしていない」

「全てが順調だった以前と比べて、マクラーレンでの2年間はキャリア最高の瞬間とは言えなかった。でもそれが僕を強くしてくれた」

「自分自身ではコントロールできないこともたくさんあった。でもそれは成長のために必要なことだった」

 そんな彼は現在、HWAチームからフォーミュラEに参戦している。

「今僕は全く異なる環境にいて、個人的にとても楽しんでいる」

「ドライバー同士の付き合いやパドック内の政治的な面でもとてもリラックスできる環境だ」

 そんなバンドーンは、今シーズンの3ラウンドを終えて予選ではしばしば好グリッドを獲得しながらも、決勝では未だポイント獲得に至っていない。

 バンドーンは今年、メルセデスF1のシミュレーター作業も担当する予定ではあるが、彼は“長期的な”フォーミュラEキャリアを見据えていると思われる。

「F1の世界は予測不可能だ」と彼は言った。

「本来そこにいるべきドライバーが残れずに、本来そこにいるべきでないドライバーが残り続ける。そういう意味でF1は予測できない世界だ」

「僕はF1に、是が非でも戻ろうとは思わない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します