現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元トロロッソのハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任

ここから本文です
スポーツ 2019.2.5

元トロロッソのハートレー、フェラーリのシミュレータードライバーに就任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元トロロッソのF1ドライバー、ブレンドン・ハートレーはシミュレータードライバーの一員として、フェラーリの開発を担うようだ。

 2017シーズン途中からF1デビューし、2018年にフル参戦を果たしたハートレー。しかしレッドブルは、彼にフル参戦2年目のチャンスを与えることはなかった。最近では、5月のモナコGPの時点から自分をやめさせようとしている動きがあったと、ハートレーは主張している。

    ■レッドブルとホンダの第一歩。ニューマシン『RB15』2月13日に発表

 ハートレーはこれまで2019年の活動計画を明かしていなかったが、現在はフェラーリ開発チームの一員となっていることが確認された。

 フェラーリは昨年、アントニオ・ジョビナッツィとダニール・クビアトをそれぞれシミュレータードライバーに起用していた。しかしふたりはそれぞれアルファロメオ、トロロッソからF1にフル参戦するため、フェラーリはその後任を探す必要があったのだ。

 ハートレーは、フェラーリのシミュレータードライバー4人のうちのひとりとして活動する。

 他には、マヒンドラからフォーミュラEに参戦しているパスカル・ウェーレインやF2優勝経験のあるアントニオ・フオッコがメンバーとなっている。

 フェラーリからWECなどに参戦、経験豊富な開発ドライバーのダビデ・リゴンが最後のひとりだ。

 フェラーリの新チーム代表のマッティア・ビノットは、次のように語った。

「我々のチームは、レーシングカーとトラックをよく理解していて先天的に鋭い感覚を持つ、疑いなく才能のあるドライバー4人を起用した」

「それらは、シミュレーターでドライブするという役割に必要な資質だ。彼らはまさに、現代のF1において重要なピースなのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します