現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 大荒れのデイトナ24時間レースに、ロジャー・ペンスキーも「こんなレース見たことがない!」

ここから本文です
スポーツ 2019.1.28

大荒れのデイトナ24時間レースに、ロジャー・ペンスキーも「こんなレース見たことがない!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アキュラと提携し、IMSAに参戦しているチームペンスキー代表のロジャー・ペンスキーは赤旗掲示2回と荒れた展開となった2019年のデイトナ24時間レースについて、彼の長いレーシングキャリアでも「こんなレースは見たことがない」と語った。

 アキュラ・チームペンスキーの2台は、レース序盤からトップ争いを展開。雨が降り始める前のナイトセッションでは、ワンツー体制を築いていた。

    ■小林可夢偉、デイトナ24時間優勝で耐久レース”3連勝”。WEC次戦セブリングでは”ライバル”アロンソと戦う

 しかし残り10時間を切ったタイミングで心配されていた雨が降り始めると、キャデラックDPi-V.R勢が逆襲を開始。ウェイン・テイラー・レーシングの10号車がトップに浮上し、ウェーレン・エンジニアリングの31号車がアキュラ勢を交わして2番手につけた。

 その後も雨は強まるばかりで、路面に水が溜まりクラッシュも多発した。2度目の赤旗がレース残り2時間のところで掲出されると、そのままレースは再開されずに終了。結局10号車が総合優勝、31号車が総合2位となり、アキュラ・チームペンスキーは7号車が総合3位、6号車はトラブルに見舞われ17週遅れの総合8位に終わった。

 ペンスキーは、赤旗中断中に『NBCSN』に対し「レースが再開されて欲しいと思っているが、安全面のことについても考えなければならないと思う」と話した。

「こんなレースはこれまで見たことがない」

「これまでここでは、かなりまともなレースが行われてきた。しかし残念ながら今朝は大嵐で目が覚めた。我々はそれがやってくることを知っていたのだ」

「それでも、素晴らしいレースが行われた。(31号車の)フェリペ・ナッセと、それから(10号車のフェルナンド)アロンソだ。今回彼は、自分がどれだけ優れているかを示した。我々もかなりの時間うまく走れていたが、6号車にはオイルポンプのベルトが外れるトラブルが起きたんだ」

「(7号車のアレクサンダー)ロッシは素晴らしい仕事をしてくれたし、チームもみんなも一生懸命働いてくれた」

「デイトナに来て、24時間レースのために全ての時間と労力を費やしてきた。そして最終的に、何が起こるのかを座って見ているんだ。ファンにとっては素晴らしいレースだったし、TVで見ている人々にとってもそうだっただろう」

「我々は今日よりも水の量が多い中でレースをしたこともあるが、オフィシャルがレース終了だと言うならそれで終わりだ。もしそうでないなら、レースをしようじゃないか」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Charles Bradley)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します