現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 中国人ドライバーとして初の大役。周冠宇がルノーF1の開発ドライバーに就任

ここから本文です
スポーツ 2019.1.23

中国人ドライバーとして初の大役。周冠宇がルノーF1の開発ドライバーに就任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノー・スポール・レーシングは、中国出身のドライバー、周冠宇を2019年に若手育成プログラムであるルノー・スポール・アカデミーのメンバーに加え、F1チームの開発ドライバーにも起用することを発表した。

 中国出身のドライバーがF1マニュファクチャラーチームでの正式な役割を担うのは初めてのこと。周冠宇はシミュレーター作業を担当し、エンジニアリングブリーフィングにも参加するという。彼は2014年から2018年までフェラーリの若手育成プログラム、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーだった。

    ミハエル・シューマッハーの息子ミックがフェラーリとジュニアドライバー契約。「F1参戦の夢に一歩近づけた」と興奮

 周冠宇は現在19歳。2017年と2018年にはFIAヨーロピアンF3選手権に参戦、2018年には2勝を挙げた。2019年はロシアンタイムの体制を引き継ぐ新チームUNI VirtuosiからFIA F2に参戦することが決まっている。

 ルノー・スポール・アカデミーのディレクター、ミア・シャリズマンは「グァンユウは勤勉で才能のある若者だ。今シーズン、F2のシーズンを通して彼をさらに向上させていきたい」と語った。

 周冠宇は「アカデミーメンバーおよびF1チームの開発ドライバーとしてルノー・スポール・レーシングに加わることはとても名誉なことだ。早く仕事を始めたい」とコメントしている。

「ルノーはF1においてもアカデミーにおいても大きな野心を持っている。だからこそ僕のモチベーションはさらに高まっている。中国においてルノーの存在が重要であることは承知しているので、レースの世界でルノーというブランドと母国中国を代表するひとりとなることをとても誇りに思う」

「僕は今年、キャリアにおいて一歩前進し、F2に参戦する。競争が激しいカテゴリーであり、短期間にたくさんのことを学ばなければならない。冬の間に懸命に取り組んできたし、アブダビでの3日間のテストも役立つだろう。今シーズン、ルノーのサポートとアドバイスを得て、成功を目指し、トロフィーをつかみたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します