現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダニエル・ティクトゥムのF1昇格に黄信号。アジア冬季F3がスーパーライセンスポイント付与対象外に?

ここから本文です
スポーツ 2019.1.23

ダニエル・ティクトゥムのF1昇格に黄信号。アジア冬季F3がスーパーライセンスポイント付与対象外に?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムは、スーパーライセンスポイント獲得を目指し、アジアF3ウインターシリーズ(AWS)に参戦している。しかし、当初はスーパーライセンス付与の対象シリーズとされていたAWSだが、一転ポイント獲得の対象外とされる可能性があることが分かった。

 ティクトゥムは現在スーパーライセンスポイント35を保持しており、今季の主戦場をスーパーフォーミュラとすることが決まっている。しかしティクトゥムは、スーパーフォーミュラ参戦を前に、F1昇格に必要なスーパーライセンスポイント40を満たすため、AWSに参戦中である。

    ■2019年のF1、マシンデザインのトレンドはロングホイールベース? その理由は”燃料”と”空力”

 アジア初のF3冬季シリーズであるAWSは、昨年12月にFIAが発表したスーパーライセンス対象シリーズのリストに入れられていた。しかし、FIAが定めた基準を満たしていないとの理由から、スーパーライセンスの対象外とするという報告があったようだ。

 FIAが公開している付則Lでは、スーパーライセンスの対象シリーズとなるためには、最低でも5回の週末で構成されていなければならず、さらに3箇所以上のサーキットで開催されなければならないと規定されている。

 しかしAWSは、タイのブリーラムとマレーシアのセパンのみでの開催。しかも3回の週末(ブリーラム1回&セパン2回)のみで構成されるシリーズである。このような内容となっているにも関わらず、AWSは12月にFIAが発表したスーパーライセンスポイント対象シリーズのリストに含まれていた。

 AWSのオーガナイザーであるトップスピード社のダビデ・デ・ゴッビは、motorsport.comに対して「我々は基準を知っていた」と語った。

「しかし、AWSがFIAが発表したリストに記載され、そして9月18日にスケジュールを含むAWSの詳細をシングル・シーター・グループが発表した時、我々はスーパーライセンスポイントが割り当てられているということを意味すると理解した」

 ティクトゥムはスーパーライセンスポイントを獲得するためだけにAWSに参戦したとされている。これを考えると、ポイントを付与されないことになった今の状況は、ティクトゥムにとって非常に困難になったのではないかと尋ねられると、デ・ゴッビは次のように答えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Marcus Simmons)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します