現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、予算制限導入に向け強硬策。抵抗するビッグチームに業を煮やす

ここから本文です
スポーツ 2019.1.23

F1、予算制限導入に向け強硬策。抵抗するビッグチームに業を煮やす

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーミュラ1のCEO、チェイス・キャリーは、FIAの支持のもと、予算制限の新たな規定を2021年から導入するため、これに抵抗しているビッグチームに対して強硬な姿勢をとったようだ。

 F1の商業権保有者であるリバティ・メディア、FIA、チームはF1の予算制限について協議し、交渉を続けてきた。先週スイス・ジュネーブで開催されたF1ストラテジーグループ会合でもこの問題が議題に上った。

    トップチームとの予算差を認めるルノーF1首脳陣。バジェットキャップ制度導入に期待も「今後2年間は我々の資産規模が弱みになる」

 Auto Motor und Sportによると、メルセデスとフェラーリは、F1側が設定する最終的な額を1億5000万ドル(約164億円)から2億ドル(約219億円)へと引き上げたいとの意向を示したものの、リバティはこれを受け入れず、1億3000万ドル(約142億円)を上限値とすると宣言したという。

 チームがコスト削減に適応できるよう、3年にわたって段階的に制限を引き下げていくというプランに変更はなく、支出制限額は2021年には1億8500万ドル(約202億円)に、2022年には1億6500万ドル(約180億円)に、最終的には2023年に1億3000万ドル(約142億円)に設定されるとAuto Motor und Sportは伝えている(2022年には1億6000万ドルに、2023年に1億3500万ドルになるという説もあり)。適用外となる項目の詳細な額などについてはこれから決定される。

 今回のストラテジーグループ会合ではリバティとFIAは、チーム側に対して交渉の余地を認めない強硬な態度で臨んだようだ。

 Auto Motor und Sportは、F1首脳陣は約9カ月にわたって話し合いが前進しないことに業を煮やしたと報じている。レギュレーション変更導入の時間切れが迫るなか、ビッグチームが時間を稼ぐために協議を長引かせようとしているとF1側は感じ、断固とした態度をとらない限り、状況を変えることはできないと考えたようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/01/23 09:15

    違反報告

    どのチームも参戦当初は弱小だったり経営面で非常に苦しかった時期が有って、フェラーリも長期低迷期が有った訳やけど一旦トップクラスを走れる様になると、、、流れを止めたく無いやろな(笑)。
  • tom*****|2019/01/24 07:01

    違反報告

    資金力のあるビッグチームは制限内の予算額でもう1チーム所有可能にすればエントリー台数も増えてレースが楽しくなるし実質4台エントリーで勝率も上がるからそれなりにメリットは有ると思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します