現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析:ルクレールの予選成績から見える、”打倒ベッテル”に必要な課題とは?

ここから本文です
スポーツ 2019.1.22

F1分析:ルクレールの予選成績から見える、”打倒ベッテル”に必要な課題とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年にアルファロメオ・ザウバーからF1デビューしたシャルル・ルクレールは、予選の素晴らしいパフォーマンスと力強いレース運びを見せ、スクーデリア・フェラーリのドライバーへと大抜擢された。しかし、新たなチームメイトとなるセバスチャン・ベッテルに対抗するためには、ある部分で進歩を遂げなければならない。

 2018年の開幕戦オーストラリアGPの時点では、ウイリアムズと最後尾を争っていたザウバー。しかしシーズンを通じて進歩を続け、終盤には予選Q3進出も珍しくなくなった。

    ■「ルクレールは”良い子”」ベッテル、新チームメイトを早くも警戒?

 ルクレール自身も、経験豊富なチームメイトであるマーカス・エリクソンよりも良いパフォーマンスを発揮し、ザウバーの躍進を牽引した。

 ルクレールの予選パフォーマンスをより詳細に調べると、彼の印象的な活躍が浮き彫りとなってくる。と同時に、2019年に向けて改善する必要がある、小さな弱点も見えてくる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します