現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レジェンド、ミハエル・シューマッハの息子ミックがフェラーリの養成プログラムに参加…F1に向け前進

ここから本文です
スポーツ 2019.1.20

F1レジェンド、ミハエル・シューマッハの息子ミックがフェラーリの養成プログラムに参加…F1に向け前進

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19日、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)は、F1世界王座を7度獲得したミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハと契約を結んだと発表した。

FDAは将来のフェラーリF1ドライバー候補を養成するプログラム。ミック以外にも有望な若手ドライバーたちが契約下にあり、決して彼の“将来”が保証されたわけではないが、F1で戦うという夢の実現に一歩近づいたことは確かだろう。今年3月で20歳になるミックは「感激しているよ。正しい方向に進む新たなステップだ」と語り、大きな喜びと意欲を示している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ミックの父ミハエルはF1現役時代、1996~2006年にフェラーリから参戦。史上最多である通算7回のF1タイトル獲得のうち、5冠がフェラーリで得たものだった(2000~04年)。

息子のミックは昨季2018年に当時のFIA-F3欧州選手権チャンピオンとなり、今季2019年はFIA-F2選手権にステップアップして戦う(やはり往年のフェラーリF1ドライバーであるジャン・アレジの息子、ジュリアーノ・アレジもFDAの一員で、彼も今季F2に参戦する)。

FDAの首脳は「ミックのことを出生時から知る者にとって、彼を迎え入れることに特別な感情が湧くのは疑いない。だが、我々は彼の能力と人間性を評価し、あの若さにして優れたプロフェッショナル・クオリティを備えているからこそ、彼を選んだのだ」との旨を語り、大きな期待を寄せている。

F2はF1との併催が基本であり、今季はミック・シューマッハの存在がこれまで以上に“F1界”でクローズアップされることになりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 遠藤俊幸)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します