現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今のルイス・ハミルトンは”完璧な存在”。新人ジョージ・ラッセル、英国の偉大な先輩に陶酔「彼は自分の才能に頼っているわけじゃない」

ここから本文です
スポーツ 2019.1.16

今のルイス・ハミルトンは”完璧な存在”。新人ジョージ・ラッセル、英国の偉大な先輩に陶酔「彼は自分の才能に頼っているわけじゃない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年、FIA F2選手権のチャンピオンに輝いたジョージ・ラッセルは、ウイリアムズと複数年契約を交わし、2019年にF1デビューする。

 そのラッセルは昨年、F2に参戦するのと並行して、メルセデスのリザーブドライバーを務めていた。そして、かなり多くの時間をそこで過ごした。その際、昨年のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、どのようにして自分を高みに導いているかを目撃することになったという。

    ■ハミルトンの超絶パフォーマンス、その鍵は”人生への満足感”

「ルイスがどう集中しているかについては、様々な認識がある」

 ラッセルはそうmotorsport.comに対して語った。

「彼は実に色んなことをしているし、非常に才能のあるドライバーだ。しかしサーキットにやってきた途端、全てを最大限に発揮するために、猛烈に働く。チームを驚くような方向に推し進め、そして全員にモチベーションを与えるんだ」

「彼は本当に懸命に働くから、それを見るのは僕も楽しい。彼は、ただ自分の才能に頼っているだけの男じゃない。彼は最大限のことを成し遂げるためだけに働いているんだ」

「それは、彼が年齢を重ねたことによって身に付けたモノだと思う。彼はスピードに頼っているわけではない。もしマシンがうまく機能していない場合には、チームを正しい方向に進めていくことができる必要があるんだ」

「それが、彼がこの数年にやってきたことだと、僕は確信している」

 ハミルトンは、今では最も成功したイギリス人F1ドライバーである。彼より多くの勝利とチャンピオン獲得回数を誇るのは、F1の歴史上ミハエル・シューマッハーただひとりだけだ。

 昨年のハミルトンは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を下して、自身5度目のF1タイトルを獲得した。そしてコース外に目を転じてみれば、ファッションブランドのトミー・ヒルフィガーとのコラボレーションを成功させ、度々ファッションショーにも登場した。例えば、日本GPの翌日には、東京で行われたファッションショーに出席している。

 ラッセル曰く、ハミルトンを間近で見ることは、ただ速いだけのレーシングドライバーを見る以上の価値があるという。

「僕はすべての分野で、優れた存在になろうとしている」

 そうラッセルは語る。

「もしワールドチャンピオンになりたいのなら、自分のスピードに頼るだけではダメだし、それに集中してばかりいてもいけない」

「F1には、それ以外にもたくさんの要素がある。ブランドを代表することになるわけだし、僕がレースをするのを手助けしてくれる、多くのスポンサーもいるんだ」

「そして、チームに対してフィードバックをしなければいけない。それが、マシンをさらに開発するのを手助けすることになるんだ」

「つまり全体的なパッケージが重要なんだ。現時点では、ルイスは本当にうまくやっていると思う」

「彼がコース上でやっていることは、コース外でこなしていることと同じくらい素晴らしい。誰もが彼に会いたいと思い、彼と話したいと思う。彼は、みんなに素晴らしい時間を与えてくれるんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します