現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン&ウイリアムズ低迷の理由は、”今のF1に必要な形”から外れているから?

ここから本文です
スポーツ 2019.1.13

マクラーレン&ウイリアムズ低迷の理由は、”今のF1に必要な形”から外れているから?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズとマクラーレンは、現在参戦中の10チームの中でも、歴史的に見れば最も成功したチームのうちのふたつである。2チーム合わせて17回のコンストラクターズタイトルを獲得し、合計296勝を挙げている。しかしいずれのチームも、2012年以来未勝利のシーズンが続いている。

 ウイリアムズは、1997年にジャック・ビルヌーブを擁していた時代以来、コンストラクターズタイトル獲得から遠ざかっている。2014年に現行のパワーユニットレギュレーションが導入された当初は、メルセデス製パワーユニットのパフォーマンスを活かして好調なレースぶりを見せたが、2018年シーズンはランキング最下位に終わった。

    ■ホンダ、パワーユニットのデザインコンセプトを昨年から継続

 マクラーレンは2014年に表彰台を獲得して以来、厳しいシーズンが続いている。タイトルを獲得したのは、2008年ルイス・ハミルトンが最後だ。

 元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、オートスポーツ・インターナショナル・ショーの場で、ウイリアムズとマクラーレンについて次のように語った。

「ウイリアムズとマクラーレンについての問題は、現在のF1で必要とされている形から遠いところにいるということだ」

「現在のF1では、メーカー系のチームになるか、ハースやトロロッソのようなBチームになる必要がある」

「それは、ウイリアムズやマクラーレンがいるべき中団グループに、ぽっかりと穴を開ける。なぜなら彼らはワークスチームでも、Bチームでもないからだ」

「そのことが彼らに対してどんな風に働くのか、見てみよう。ある意味ではそれが、うまくいくことを願っている」

「しかし、ハースのようなチームと闘うのは、彼らにとって厳しいだろう。ハースは彼らとは全く異なるビジネスモデルを持っていて、フェラーリやダラーラから多くのモノをもたらされている」

 マクラーレンを含むいくつかのF1チームは、ハースがフェラーリから、レギュレーションで許されている範囲でパーツの供給を受けていることについて批判した。

 ブランドルは、マクラーレンやウイリアムズのようなチームを守る唯一の方法は、ハースのようなチームをF1から追い出すことだと語った。

「私はハースの裏側や、ハースのようなチームを見たくはない」

「グリッドには20台しかいない。億万長者のチームもケアする必要があるし、同じようにメーカーのケアもする必要がある」

「全員を守るために、できることが何かあるはずだ」

「(F1のスポーティングディレクターである)ロス・ブラウンは、そのことと闘っているのだと思う。そして、F1の将来の形を見つけるために、どうにかしようとしているのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ure*****|2019/01/14 06:20

    違反報告

    どちらのチームも圧倒的な強さを発揮していた時期があるだけにファンか見たら寂しい現状だろうね。
    20年位前のレギュレーションに戻したらまた面白いF1になるかもね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します