現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GT300チャンピオンのK2 R&D LEON RACINGが新体制を発表。黒澤治樹/蒲生尚弥のコンビを継続

ここから本文です
スポーツ 2019.1.11

GT300チャンピオンのK2 R&D LEON RACINGが新体制を発表。黒澤治樹/蒲生尚弥のコンビを継続

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月11日、2018年のGT300クラスチャンピオンであるK2 R&D LEON RACINGが、2019年の参戦体制を発表した。チャンピオンコンビの黒澤治樹/蒲生尚弥が今季も継続し、メルセデスAMG GT3、ブリヂストンタイヤというパッケージを継続する。

 2014年からコンビを組む黒澤と蒲生は、毎年のようにチャンピオン争いを展開。迎えた2018年は、序盤から高得点を積み重ね、最終戦ツインリンクもてぎではタイヤ無交換作戦を完遂。優勝を遂げ、見事ふたりとチームにとって悲願とも言えるチャンピオンを獲得した。

    スーパーGT:GT300制したLEON AMG、東京オートサロン2019で展示。黒澤&蒲生のトークショーも

 ディフェンディングチャンピオンとして迎える2019年は、GT300クラス王者に認められるゼッケン『0』は使わず、昨年までと同様の『65』を使用。マットブラックのカラーリング、ブリヂストン、メルセデスAMGというパッケージは変わらない。黒澤と蒲生のコンビも変わらず、盤石の体制で連覇を目指すことになる。

「昨年度、多くの方々のお力添えによってチャンピオンを獲得させていただきました。本年度も守りに入ることなくあらゆることに挑戦し、チャンピオンとして恥ずかしくない戦いを繰り広げます。2年連続チャンピオン獲得が目標です!」と語るのは黒澤。

 一方蒲生は「今年も素晴らしい体制で参戦させていただき、チームには感謝しています。昨年と同じように一戦ずつ大切に戦い、連覇できるようにチーム全員でしっかり戦います。また、さらにチームがレベルアップするように努力していきます。応援よろしくお願い致します」とコメントを残している。

 そんななか、数少ない変更点と言えるのが車名だ。メインスポンサーに繊維加工を手がけるピラミッドを迎え、『LEON PYRAMID AMG』という車名に変更されている。

 すでに新たなカラーリングとなったLEON PYRAMID AMGは、11日に開幕した東京オートサロン2019でメルセデスベンツブースに展示されているほか、黒澤と蒲生のトークショーも行われる予定だ。ライバルたちにとっては最も“やっかいな存在”だけに、どんな意気込みが聞けるか楽しみなところだ。

K2 R&D LEON RACING 2019年スーパーGT参戦体制
参戦クラス:スーパーGT GT300クラス
チーム代表:遠藤大介
監督:溝田唯司
ファーストドライバー:黒澤治樹
セカンドドライバー:蒲生尚弥
車両名称:LEON PYRAMID AMG
カーナンバー:65
タイヤメーカー:ブリヂストン
メインスポンサー:PYRAMID
スポンサー:LEON/シュテルン中央
車両メンテナンス:有限会社ケーツー・アールアンドデー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します